机上の計算

f:id:JakeKizuki:20170301113116j:plain

安定的に収入が有り、支出を同程度まで抑えることが可能という条件付きで計算した場合、いつごろスーパーカーに手を出せるのかという妄想を含んだ計算になります。
ちなみに、自動車保険等の諸費用の部分を全く無視しているので、購入しても維持まではできないかもしれないという感じの計算です。
現在、住宅ローンを返済しながらそれとは別に資金を貯めているのですが、こちらを、住宅ローン返済に回さず、なおかつ老後資金のことなど一切関係ないと割り切っての、かなり無謀な計算で購入する場合のケースを確認してみたいと思います。
それでも、住宅ローンを返済しながら、自動車の支払いについても無理のない範囲での返済としているので、返済については問題ないと考えています。
まず、ここではアヴェンタドールのスタンダードモデル(中古)を購入対象として考えていきます。現在の中古車相場の最安値で出てくるのが3,500万円前後(大抵が並行輸入車)それでも、アヴェンタドールSが登場した今、スタンダードモデルは年数経過に伴い、価格も多少下落するのではと考えます。おそらくあと5年ほど経過すれば、次期V12エンジン搭載の車両の情報も出揃っているので、その頃には、次世代モデルへの買い替えによりアヴェンタドールの市場流通量も多くなり、3,500万円ほどあれば認定中古車が購入可能ではないかと考えます。そうすると、お金を借りてという前提ですが、購入するだけなら、あと5年もすれば手が出せると言う事に。
ここで、さらに無謀にもアヴェンタドールSを新車で購入する場合も考えてみたいと思います。この場合は残価設定ローンを使用することになるのですが、モデルイヤー最終あたりに購入するとした場合になります。その時にどれくらいまで価格が上昇しているかは検討が付かないので、現在と同じ価格で試算してみるとすれば、オプションなしでも4,500万円、諸経費150万円とした場合(諸経費はもっと高いかも)。今後5年ほどデリバリーされるとして、残価をいくらにするかによって、購入できる金額にはなるかと思われます。この残価分ですが、そのまま車を維持するのであれば当然支払わなくてはならないので、今後5年で頭金を貯めて、60回の支払い(5年間)があり、その後さらに5年をかけて残価分を支払うと言う事になります。そ
うすると、返済が終わるころには僕は50代も半ばに突入してしまうことに。もちろん、5年間のみ所有するという事であれば、残価を高く設定して、売却によって返済に充てることも可能ですので、その場合はもっと現実的に購入できると思われますが、どうせ購入するなら、スーパーカーは最後の1台を購入するつもりでと思っているので、ずっと所有し続けたいというのが正直な気持ちです。
新車を購入するのであれば、かなりのハードルですが、それでも購入する価値のある車ならば考えようによっては『アリ』なのかもしれませんが、先に書いたように、保険料を考慮しておらず、なおかつ住宅ローンを支払い続けていても住宅ローンの残債は残っている計算です。この購入の方法だと、貯金はほとんどできないと思われます。50代で住宅ローンが残っているのは良いとして、貯金がほとんど無いというのは、いかがなものかと思います。以前、50歳で貯金が無くても、同じように借金が無ければ、(もしくは貯金額と借金額が同額ならば)老後資金を貯めることは難しくないという記事を目にしたのですが、新車を購入するケースでは住宅ローンが残る計算になってしまいます。
新車での購入は、かなり難しくても、中古車での購入はできるのではないかと考えられます。購入のタイミングというのもあるので、それさえクリアできればということにはなりますが。

続いて、もう少し現実的に購入を考えた場合、住宅ローンと同額の貯金を確保しながらの購入方法。おそらく、保険料についても余裕をもって捻出できるのではないかと考えます。
基準とする車両価格についてですが、あと5年もすれば、当然アヴェンタドールを新車で購入することはできませんし、10年以上経過すれば、次期V12搭載車両もモデル末期になっていると考えられます。そこで、車両価格については、アヴェンタドールSを基準として考えています。今後、更なる値上がりが有れば購入がそれだけ難しくなってしまいます。

現在の僕の現金資産は、単純に貯金額から住宅ローンの金額を差し引くと、貯金額の方が多い状態となっています。この状況を維持しながら貯蓄を進めると、余裕をもって車を購入できるのは3,500万円の中古車の場合は中古車ならば40代半ば、頭金が2,500万円を超え、少しリスクをとって1,000万円の借入をして、住宅ローンの返済と並行しての返済。
また、新車で購入できるのは50代半ばになってからになります。この、余裕を持って購入できる金額というのは、50歳を過ぎてから借り入れをするにはリスクが伴うので、4,000万円程度の資金を用意できる事を前提として試算しています。
車両の販売価格は、その時の状況によって何とも言えないのですが、中古車ならば、住宅ローンを支払いながら40代半ばで、新車なら、住宅ローンを差し引いた金額を貯金として残し、50代半ばで貯金しながら購入することができる計算になります。また、3,500円ほどの中古車ならば、50歳で住宅ローンを差し引いた金額を貯金として残して、一括で購入できるのではないかと考えます。
5年から15年先の計算など、あてになりませんが、机上での計算(妄想)ということで、なんとなく書いてみましたが、タイミングとしては、アヴェンタドールの最終モデルが発表される頃に、次期型の情報を集めながら、失敗がないように購入できれば良いと考えているので、それほど焦る必要もないと思っています。そうは言っても、できるだけ早く購入できる機会があれば、その機会に購入したいと願います。

広告を非表示にする