読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必要なものと欲しい物の違い ミニマリスト的思考について


f:id:JakeKizuki:20170301170455j:plain

僕の家は、どちらかというと物であふれかえっています。以前、おもちゃを集めていて、それが収納スペースを圧迫していたり、着ないけど、とりあえず買ってみた服がクローゼットを占領していたり、楽器類が部屋に鎮座していたり。これは、必要という理由よりも、欲しいという欲求で購入したものがほとんど。それでも、購入する前には時間をかけて悩むのですが、金銭的に余裕があると、つい購入するという傾向にあります。これでも、最近はできるだけ物を購入しない生活にシフトしているのですが、まだ物欲に任せて購入することが有ります。それはそれで経済活動のためには良いのかもしれませんが、最近、とあるミニマリストの方の記事を見て考えさせられることが有りました。
その方も以前は物で部屋があふれかえっていたそうですが、ある時から考えを変えて現在に至るとのこと。具体的な内容については、ここでは省略しますが、その中に『価格が高いか安いかは関係なく、それが必要かどうかでものを買うようにしている。欲しい物ではなく、必要なものを買う。』というインタビューが載っていました。これにはちょっと納得しました。
かといって、僕はミニマリストを目指すつもりはないので、現在所有している物を処分するつもりもありません。
ちょっとセコイ話に感じるかもしれませんが、しばらく、『欲しい物を買う』という事を我慢したいと思います。欲しい物ではなく、必要なものを買うとのを実践して、どれだけ節約に繋がるかを確かめてみたいというのもあります。