読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庶民がスーパーカーを購入できるのか

コラム・雑記

f:id:JakeKizuki:20170215215703j:plain

この何とも馬鹿げた事に挑戦しようとしているのですが、スーパーカーといっても様々です。中古のスーパーカーから新車のスーパーカーまで、金額だけで言ったら数百万円くらいから存在します。そして、車種についても様々で、その明確な基準というものもありません。大衆車を作っているメーカーがスーパーカーを発表する場合もありますし、このメーカーのスポーツカーはスーパーカーと言ってよいと思えるものも存在します。明確な基準がないのですが、新車で購入できるスーパーカーの中でも比較的低価格と思える(それでも2,000万円を超える)車種はマクラーレンのスポーツシリーズだと思っています。富裕層の目にはマクラーレンのスポーツシリーズがスーパーカーと映るのかはわかりませんが、僕にとってはあのスタイル
や性能は間違いなくスーパーカーと呼べるものだと思っています。
僕が欲しいと思うスーパーカーは、中古でもこのマクラーレンスポーツシリーズの価格を越える物なのですが、ひとまずの目標は、マクラーレンのスポーツシリーズを新車で購入できるくらいの金銭的な用意をすることだと考えています。全額現金というわけではありませんが、ローンで購入しても余裕を持って支払いができ、かつ、現在の生活レベルを落とさなくても良いという金額を用意する。もちろん自動車保険等も高額となるので、その辺りも考慮しなければならないと考えています。そういった目標をクリアして、はじめて欲しいと思える車が購入できるかどうか判断するというスタートラインに付けるのではないかと僕は考えています。
つまり、そうまでして、本当にスーパーカーに乗りたいのか、それとも実現できそうもないので、落としどころを考えるのか。それを判断する最低ラインの目標をせっていすると言う事で、庶民がスーパーカーに手を出せるのかの判断材料にはなるのではないでしょうか。
まずは、マクラーレンのスポーツシリーズを購入できるくらいの金額が準備できれば、『スーパーカーを購入する』というだけの目標は達成できると考えるのです。
その上を目指せなかった場合は、スーパーカーにのる意味があるのか再度考え、新車で購入できる最低ラインのスーパーカーに乗るのか、中古で購入するのか、それともスーパーカーではないけれど、現実的に購入できると思われる日産GT-Rや同等のクラスのスポーツカー購入を検討するのか。このいずれについても、僕にとっては妥協というわけではなく、こういった車に乗りたいなと思う中での落としどころだと考えるのです。
例えがちょっと極端になりますが、ランボルギーニラカンと日産GT-Rのどちらかをもらえるならば間違いなくランボルギーニラカンを選びますが、現時点で、自分がお金を出して購入するなら、僕は日産GT-Rを選びます。それは単に金銭的にという理由になってしまうのかもしれませんが、これが中古のガヤルドと新車のGT-Rとなった場合はもらうのも買うのもGT-Rと断言します。
同列に見る事の出来ない2車種ですが、僕の判断基準はあくまでも僕の判断基準なので、とりあえずここまでは最低限でここからは努力次第という最低限のところまではやってみたいと考えています。それが、庶民がスーパーカーを購入するためにするべき第一歩と考えるのです。