読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手段が目的にすり替わってしまう

f:id:JakeKizuki:20170213201421j:plain

ここ最近、僕は車の収納場所について悩んでいます。現在所有する車に対して保管場所が足りないといった状況で、4台中2台が所謂青空駐車となっています。
実際は1台分のガレージと2台分のカーポートが有るのですが、今月末に1台納車される予定で、必然的に1台分のスペースが塞がってしまうため、2台分の屋根付き駐車場が不足してしまう状況とります。
そこで、現在屋根付き駐車場の確保を検討しているのですが、これについてかなり悩んでいる所で、ガレージの検討についてのエントリーを何度か行っています。
僕は、諸事情あり、次の車を購入した際にガレージを建てようと検討しています。
理想はリクシルのスタイルコートかヨドのエマージュⅡ。これら2種はかなり金額が高く、工事費込みで一般的な高級車が買える価格となっています。理想は理想として、次に思いつくのが、自由設計、もしくはキット販売のガレージ。しかし、こちらも価格は工事費込みで高級車が買える価格。シャッターやオーバースライドドアを良い物にと考えると、それだけでも普通車が買えるというものも存在しますので、理想の域を出ません。そうなると残るは一般的なスチールガレージ。こちらも工事費込みでコンパクトカー1台買えるくらいの価格にはなりますが、一番現実的です。
このように思っていても、ガレージのランクを上げたいとか、庭の外構もといった感じで、金額がどんどん上昇してしまいます。こうなってくると、本来車を購入してガレージを作るのが目的のはず、というか、『車を買う事が第一の目的で、車を保管しておく手段がガレージ』という事が、『ガレージを作ることが目的』となってしまっているという事実。このまま計画通り順調に進んでも、欲しい車が買えるまでは、まだ何年かかかります。その間にガレージを検討する予定ですが、あまり考えても仕方がないので、暫定目標としてスチールガレージ、理想はスタイルコートなどのアルミガレージと考えておきたいと思います。
欲しい車については、僕のような庶民が買える車ではないのですが、それでも何とかして手に入れたいと思っており、それを購入できなければ、青空駐車でも良いのだと割り切るといった考えが時には必要なのだと考えます。
欲しい物が何かを諦めてまで手に入れたいかどうかというのは人それぞれ。僕なりに諦めていくべきこととそうでないことを選択しながら前に進むしかないのだなと考えます。