読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子の太陽Noir【著者:誉田哲也】

f:id:JakeKizuki:20161229182001j:plain

この作者の作品を全く知らずに読んだのですが、感想から言えば、作品にかなり引き込まれました。巻頭部分はちょっと目をそらしたくなるような性的暴行に近いことがストーリーの一部として描かれているので、ちょっと読む気がうせそうになりましたが、読んでいくと、ストーリーに引き込まれていきます。
いつも、僕は読む本に対しての事前情報を入れないで読み始める代わりに、読んだ後に他の読者の感想などを物語の復習として見たりするのですが、これは『ジウ』シリーズと『ストロベリーナイト』の関連作品となっているそうで、それらのシリーズを最初に読んだ方が良いという意見が多少ありました。Noirと同時にRougeがリリースされており、手元にそちらもあるのですが、両作品のうちRougeを最初に読んだ方が良いという意見もあるようでした。しかし僕はNoirから読んでいますし、『ジウ』シリーズや『ストロベリーナイト』(姫川シリーズ)も読んでいません。この両シリーズは後で読んでみようと思いますが、せっかくNoirを読んだので、続けてRougeを読んでみたいと思います。
僕は『ジウ』シリーズを読んでいませんが(ジウとNoirが同シリーズでストロベリーナイトとRougeが同シリーズ)、それでもひとつの作品として読むことができる作品だと思います。
暴力的な表現をかなり含む作品なので、向き不向きはあると思います。