読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新型フリード(ガソリン)ホンダセンシング搭載車に試乗

TEST DRIVE(試乗記) □ホンダ(HONDA) 試乗(TEST DRIVE)

f:id:JakeKizuki:20161221205334j:plain

あまり大きくない車で、両側スライドドアの車の購入について検討しており、試乗することにしました。ハイブリッドとも迷ったのですが、その他に検討している車両もガソリン車で購入を検討していたので、今回フリードを試乗するにあたってもガソリン車となりました。

この手の車に走りの楽しさを求めても仕方がないので、今回はそれ以外の快適性等について僕なりの感想を書いておきたいと思います。

座った感じについて
このクラスについてはほぼ同じような感覚だと考えており、可もなく、不可もなく。座面の高さを変えられるのはいいと思います。ちなみに僕の車は座面調整ができません。

運転席からの視界
これは、かなり高い評価と言えると思います。視界はすごく良く、とても運転しやすいと感じました。軽自動車のワゴンタイプは結構視界が広くなるように作られていたりするのですが、普通車のワゴンタイプは、運転席から恩視界と言う事に限れば、まだまだ改良の余地があると思われるのですが、この新型フリードは合格だと思います。

ホンダセンシング関係の表示される情報について
ここ最近の運転支援システムについては凄いと感心させられます。先日試乗したマツダの車についてもそうなのですが、道路交通標識(速度制限)の情報がモニターに映し出され、ドライバーに情報を知らせてくれます。マツダの車よりはまだ洗練されていない気がしましたが、それでも十分見やすく、使いやすいと思いました。

フリードのスペック
販売期間    2016年9月-
乗車定員    フリード:6/7人(サイドリフトアップシート車は4人)
フリード+:5人
ボディタイプ    5ドア コンパクトミニバン、5ドア トールワゴン
エンジン    L15B型:1.5L 直4 DOHC
LEB型:1.5L 直4 DOHC i-VTEC i-DSIハイブリッド車専用)
駆動方式    FF / 4WD
モーター    H1型:交流同期電動機(ハイブリッド車のみ)
変速機    ガソリン車:CVT
サスペンション    前:マクファーソンストラット
後(FF):車軸式、(4WD):ド・ディオン式
全長    4,265 - 4,295mm
全幅    1,695mm
全高    FF:1,710mm(4WD:1,735mm)
ホイールベース    2,740mm
車両重量    フリード:1,340 - 1,490kg
フリード+:1,350 - 1,490kg
ブレーキ    前:ベンチレーテッドディスク
後(ガソリン車):リーディング・トレーリング
後(ハイブリッド車):ディスク
スタビライザー形式    前:トーション・バー式、後:トーション・バー式(4WD)

検討中の両側スライドドアコンパクトワゴン
トヨタ シエンタ
トヨタ TANK、ROOMY
□ホンダ フリード

この中から1台購入した場合、BBを残して中古スポーツカーを購入するか、BBと入れ替えで新車のSUVを購入するかと考えています。金額的に余裕があれば新車のスポーツカーを増車したいところです。