自動車買い増しによる支出の増額について

f:id:JakeKizuki:20161209210229j:plain

過去に長い間2台所有をしていた経緯があるので、やっていけなくはないと思うのですが、その時とは状況がちょっと違うので、ちょっと計算をしてみようと思います。
もしも増車する場合はガソリン車となるので、燃料費の増減についてはほぼない物として計算から省きたいと思います。
※2台同時に使用するわけではないので、燃料代が倍になったりすることもないですし、今まで1台でこなしていたことを2台で割り振るので、燃費の増減は少なからずあるにしても、ほぼ変わらないと仮定します。また、タイヤについても減りが半分になると仮定して計算から除外。ウィンターシーズンタイヤについては、増車した車両について冬季の雪が降る時期には乗らないので、購入無しで検討。

まず増加する項目についてあげていきたいと思います。
自動車税
任意保険料
車検代(諸費用、税金等含む)
定期メンテナンス(オイル等)

自動車税については2,000ccクラスまでと考えると約40,000円
任意保険については車両保険まで入れるかどうかによって違ってきますが、大雑把に100,000円(車両なしであれば35,000円程度)
車検代については1回140,000円程度として、1年間あたり70,000円
定期メンテナンスについて、ディーラーでメンテナンスパックを購入すれば大した金額にはならないと思うのですが、1年間で10,000円程度とします。

自動車税      40,000円/年
任意保険料     100,000円/年
車検代等      70,000円/年
定期メンテナンス  10,000円/年

大まかに見積もると年間220,000円程度の支出増となります。
この金額をどう見るかなのですが、車両さえ購入してしまえば、例えばファッションについて我慢するといったことをすれば維持することは可能だと思われます。

スーパーカーを購入するという目標を持ちつつ、それでも普段乗っていて楽しい車も欲しいとなると、ちょっと贅沢なのかもしれませんが、どこかを我慢するのか、そうしないのかというのは色々と悩まされます。

それなりの新車を購入して、2台維持しながらスーパーカーの購入も目指すのであれば、僕の収入では、目標を達成するまで確実に2年は遅れてしまいます。
もし、2台目の車を中古車から探すのであれば、2台持ちの敷居は低くなります。
実際に欲しいと思う車は何車種かあるのですが、それについてもそのうち書きたいと思っています。