読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ABALTH124スパイダーは日本で購入するのが1番安い

□アルファロメオ(AlfaRomeo) ABARTH □マツダ(MAZDA)

f:id:JakeKizuki:20161011205940j:plain

ABALTH124スパイダーは、最近試乗したこともあり、ちょっと興味がある車両です。
日本で購入するのが一番安いその理由はご存じのとおり、日本国内のマツダ工場で生産されるから。そして、生産された車両本体はイタリアへ行かず日本のFIATディーラーへデリバリーされるという流れ。そういったことで、コストが抑えられているのが理由となっているようです。
ここで気になるのが、124スパイダーは輸入車に該当するのかどうかと言う事。これについては、ちょっと難しいところがあるようで、生産台数にかかるカウントは国内製造車両の扱いで、販売台数カウントは輸入車の扱いとなるとのこと。よってJAIA【日本自動車輸入組合】の扱いにはならないそうです(日本自動車工業会の扱いになるとのこと)。ちなみに日産マーチは生産国がタイなので、JAIAの扱いとなるようです。

ところで、124スパイダーは当初アルファロメオブランドから販売されるとアナウンスされていたのですが、なぜアバルトブランドでの販売になったかという記事が出ていました。記事の中では、FCA本体はディスカッションしないようにと回答しているらしいのですが、124スパイダーをアルファロメオで出さなかった理由は、アルファロメオのブランド価値を向上させる戦略上の整合性ためらしいのです。
124スパイダーではその戦略に役不足というのが実際の答えと言う事なのでしょう。
FCAは、アルファロメオをベンツやBMWと対抗できるブランドにしたいと思っているらしく、そういった戦略が出されたために、124スパイダーをアルファロメオから出すのをやめたということ。これは、FCAの中での決定事項なので仕方がないことなのですが、個人的にはアルファロメオブランドで出してほしかったところです。
124スパイダーの価格は約400万円ほどで、MAZDAロードスターRSと比較すると80万円程の開きがありますが、仮にアルファロメオブランドで出ていれば、購入したいと思える1台だと思います。(※試乗した感じ、素晴らしく良い出来でしたし、アバルトだからダメというのではありません。)