アバルト124スパイダーに試乗

f:id:JakeKizuki:20161011205601j:plain

先日、ディーラーの営業の方から留守電のメッセージが入っており、124スパイダーが入庫していますとのことだったので、マセラティのディーラーに行ったついでに、実車を見てみようと、FIATディーラーへ立ち寄りました。
日本市場に導入されるのはFIATスパイダーではなく、アバルトスパイダーで、おそらくはマツダロードスターとの棲み分けのためと思われます。

アバルト124スパイダーのスペック
全長:4,060mm

全幅:1,740mm

全高:1,240mm
車両重量:1130kg(MT)/1150kg(AT)
駆動方式:FR
エンジン1.4リッターターボ(170馬力)

トランスミッション6速MT/6速AT

 

車両本体価格

388万8000円(MT)

399万6000円(AT)


デザインについては申し分ないです。マツダロードスターより全長が長くなっていますが、それが車格を一段上へ押し上げているように思われました。イタリア車というよりも、一回り小さなアメ車のようなデザインだと思ったのは、個人の主観と言うだけの事ですが、それはそれで、僕個人的には良いデザインだと思いました。
インテリアは、やはり価格相応と言ったところでしょうか。アウディTTやポルシェボクスターと比べるとさすがに見劣りはします。僕にとって唯一良かったのは、ウインカーレバーの配置が日本車と同じと言う事です。これはマツダロードスターがベースとなっていることからこのような仕様となっているのでしょう。

試乗車はMTのみということでちょっと緊張しました。案の定、坂道発進で恥ずかしながら一度エンスト。ヒルアシスト機構が備わっているとのことですが、営業の方曰く、感知が微妙で多少の坂ではヒルアシストが機能しないのだそう。エンストしたもう一つの理由は、半クラッチではなく、ブレーキを踏んだままアクセルを煽るような感じ(所謂ヒール・アンド・トゥ)で発進させようとしたところ、アクセルの位置が、ちょっとこれをやるには窮屈な位置だった(単に慣れていない)ため。
エンストして良かったと思ったことは、エンジン始動を試せたと言う事でしょうか。試乗する際にすでにエンジンがかかっている状態だったので、エンジン始動ができたというのは、個人的にはプラスでした。

さて、エンジンサウンドについてですが、かなり良いと思います。基本的に、エンジンはアルファロメオジュリエッタのクアドルフォリオと共有(ディーラーの方の話で知った)とのことらしいのですが、ターボ車4気筒らしいエンジン音というのでしょうか。恥ずかしかったので、屋根を閉めたまま試乗したのですが、開けて乗っていれば、より良いサウンドの中で試乗ができたかもしれないと後から思いました。

足回りは、ビルシュタインと言う事で、走るのには適していると思いました。通常使いには少々固めなのでしょうが、こういった車は、通常使いより流したりするのが楽しい車だと思うので、これくらいの方がよいのでしょう。車重が軽いことから、ブレーキの効きも十分です。
シフトノブの近くに、スポーツモードへの切り替えスイッチがあるのですが、こちらも試してみました。明らかにアクセルのタッチ反応が変わるのがわかりました。街乗りでこそ、スポーツモードの方が良いのではないかというくらい、スポーツモードの方がアクセルタッチに忠実に反応してくれます。対して、ノーマルモードはアクセルの遊びが多いといった感じです。小排気量車なので、この違いがありがたいと思いました。

f:id:JakeKizuki:20161011205940j:plain

さすがに、ポルシェボクスターと比べると勝てるところは価格位なのでしょうが、アウディTTと比べると、こちらの方が、満足感が高い気がします。もちろん、TTは最新技術がたくさん使われているので、そういった意味での満足感は高いと思いますが、どちらを購入したいと聞かれれば、アバルト124スパイダーと答えると思います。