ペブルビーチにおいてランボルギーニ チェンテナリオ、ロードスター初公開へ

f:id:JakeKizuki:20160819205528j:plain



ランボルギーニは8月19日、米国カリフォルニア州で開幕する「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、『チェンテナリオ ロードスター』を初公開するようです。

『チェンテナリオ』は、ランボルギーニの創業者、フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念する限定モデルとして2016年3月、ジュネーブモーターショー16でデビュー。クーペ20台、ロードスター20台の合計40台が限定生産されることとなっていますが、40台はすでに完売。

重量は1520kgに抑えられ、インテリアは、基本的にフルオーダー仕様。カーボンファイバー製スポーツシートをはじめ、カーボンやアルカンターラを使ったステアリングホイール、サンバイザー、ドアパネルなどが選択可能と言う事です。
エンジンは、アヴェンタドール用がベースの6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載して、最大出力は770hp。
パワーウェイトレシオは、1.97kg/hpで、クーペボディの0-100km/h加速は2.8秒、最高速350km/hオーバーという圧倒的なパフォーマンスを実現しています。

現時点では、クーペボディだけがお披露目されており、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、オープンボディのチェンテナリオ ロードスターが初公開される予定となっています。

アヴェンタドールから派生した車両はこれまで結構出ていますが、ランボルギーニは通常ひとつのモデルを10年間生産しているので、まだまだバリエーションは増えるかもしれません。先日もフェイスリフトモデルと思われる車両が目撃されたりしていますので、アヴェンタドールの台数はさらに増えることと思われます。