読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーニグセグ、「アゲーラXS」をアメリカで披露

□ケーニグゼグ(Koenigsegg)

f:id:JakeKizuki:20160818201752j:plain


ケーニグセグは、米国カリフォルニア州で8月15日に開幕したモントレー・カー・ウィークで、公道走行可能な「アゲーラRS」を披露しました。今年3月のジュネーブ・モーターショーで発表されたこのスーパーカーは、米国の公道を合法的に走ることができる認証を取得ようで、その第一号車はオーナーの希望で「アゲーラXS」と名付けられたようです。

ボディカラーは"Karosserie Orange"と呼ばれるオレンジ色。
カーボンファイバー製のリアウィングについても、オーナーの要望ということで、今までのケーニグセグのモデルの中で一番大きなサイズが取り付けられたそうです。
外観のオレンジに合わせて、インテリアにはオレンジのステッチが入った黒のアルカンタラを採用。さらに、スマートエアバッグ、油圧式昇降システム、「Apple CarPlay」など高級スーパーカーに相応しい機能も搭載されているようです。

f:id:JakeKizuki:20160818201819j:plain


パワートレインはRSと同様、最高出力1,160hpを発揮する5.0リッターのツインターボエンジンと、パドルシフト式の7速トランスミッション搭載。

また、ケーニグセグはモントレー・カー・ウィークで、納車に向けて生産が始まっている「レゲーラ」も披露しました。