2,500万円前後の車を購入するとしたら


さすがにこの価格帯以上の車を購入するとすれば、僕にとってはかなり無理をしないといけないわけです。この価格帯に本当に欲しい車がないかという再確認を含めて自分なりに書き留めておこうと思います。
まず、新車で購入可能な車種について。やはり、この価格帯になると、メーカーの保証があるかどうかと言う事が気になります。新車については、ほとんどのメーカーにおいて3年から5年の保証期間があるので、安心して乗ることができると思われます。

ランボルギーニラカンLP580-2
ランボルギーニの新車に乗るならこの一番安いモデルが限度。本当はLP610-4の方が安心して走らせることができると思われますが、価格のみで検討となるとこのグレード一択です。

アウディR8
この価格でウラカンLP610-4と同等のスペックを持っているので、性能の実を求めるのであればウラカンLP580-2よりR8が良いと考えます。しかし、デザインがスーパーカーらしくないということで二の足を踏みます。とは言っても、スペック的には申し分ないと思われるので、デザインより性能で、少しでも価格を抑えたいという方であれば間違いなく買いなのではないかと思います。

マクラーレン
スポーツシリーズの540と570シリーズがこのあたりの価格帯と言う事になります。この二つの中で大きく異なるのは、そのパワーと言う事になると思いますが、外観上の差異は僕にはほとんどわかりません。マクラーレンはこのスポーツシリーズにおいても、カーボンを多用したり、ドアが跳ね上げ式であったりと非常に魅力的です。ただし、モデルチェンジが早かったり、リセールがフェラーリランボルギーニと比べ、今のところ若干弱いかなと感じます。ただし、僕が購入できそうなスーパーカーとして考えた場合、このマクラーレンのスポーツシリーズが価格的に一番可能性があるといえそうです。マクラーレンのスポーツシリーズにおいては、スタイルや性能については申し分ありませんが、やはり知名度やリセールにおいては弱
さを感じてしまいます。

ポルシェ
ポルシェ911のターボが買える価格帯ですが、この金額を出してまでポルシェとい事をぼくは考えていません。ポルシェを購入するならボクスターと考えており、この金額を出すならば、日産GT-Rポルシェボクスターの2台を同時に所有したいところです。


中古車を購入する場合
この価格帯で購入するとしたら、V12エンジン搭載のランボルギーニフェラーリをと思っています。ムルシエラゴ640-4のeギアが何とか購入可能な価格帯がこのあたりと言う事になります。対してフェラーリは599のベースモデルならば2,000万円を下回っているのですが、F12はさすがにまだここまで価格が降りてきていません。
フェラーリのV12を購入するなら、599よりもF12の方と考えており、その理由としては、内装のエレガントさが単に好みと言う事になります。外観やスペックについてはこの2車種に関しては僕の中では(今のところ)二の次になっています。
ムルシエラゴの方ですが、やはり割高感があるように思われます。せめて、同じ世代のV12エンジン搭載フェラーリと同等の価格帯であればと何度も思います。こうして比べてみると現在はランボルギーニの方が(日本において)フェラーリと比べ、人気があると言う事が考えられます。
実際にどちらかを購入すると考えるならば、もう少し様子を見ながら、良いディーラー取扱車を探すと言う事になりそうです。