本気で迷う3車種 価格帯は違うが、今本当に欲しい3台

f:id:JakeKizuki:20160804201602j:plain

1番欲しい車が、ランボルギーニアヴェンタドール。限定車では無いといった意味では現実的と言えるかもしれませんが、価格的には今のところ無理だと思っています。仮に買えたとしても、維持費がかかりそう。それでも欲しいと思うのです。

f:id:JakeKizuki:20160804201632j:plain

それに次いで、購入したいと思っているのが、日産GT-R。これについては、登場当初は購入対象には入っていなかったのですが、今回の2017年モデルは、かなり色々なところがグレードアップされているという事があり、購入の候補に挙げています。しかし、世間ではモデルは末期と噂されているので、すぐに次期モデルが出てしまった場合、値下がりが大きくなってしまうということ。この辺は慎重に考えなければならないと思います。

f:id:JakeKizuki:20160804201658j:plain

そして、ジャンルは違いますが、日産GT-Rと同じ価格帯のマセラティ・レヴァンテ。この金額で、高級車とされるマセラティに乗る事ができるという事に、心が惹かれます。

 

アヴェンタドールとほかの2台の間には大きな価格差が有りますが、入ってみれば、その価格帯の中には僕の中では費用対効果を埋めることのできる車種は存在しないという事になります。

そういった意味で、この3台は、もし、価格が下がってしまった場合は、乗り続ける覚悟がある車種だと自分なりに思っているのです。

 

憧れのV12ランボルギーニ、避けることのできない日産GT-R、僕を高級車外車のオーナーに押し上げてくれるマセラティ・レヴァンテ。どれも魅力的な1台に変わりありません。