読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Audiディーラーにて、TTを勧められる。

f:id:JakeKizuki:20160719201912j:plain

僕は、アウディのディーラーを訪れたことがなかったので、ちょっと覗いてきました。

最近のアウディの装備が気になっていたので、TTがあれば試乗と思っていました。

 

僕が気になっていた装備は、やはりバーチャルコクピット

ラカンにも装備されているそアレです。

f:id:JakeKizuki:20160719202639j:plain

 

それから、もうひとつ、マトリクスLEDヘッドライト。

f:id:JakeKizuki:20160719202734j:plain

 

この日は、試乗予約をしていなかったため、あいにく試乗者は貸出中とのことで、後日手配することは可能と言われたのですが、そこのディーラーの店長さんは、在庫の未登録車のエンジンをかけてくださり、バーチャルコクピットを体験させていただきました。

 

運転席に座った感じはBMWなどと同じようなドイツ車という感じで、好感が持てました。未登録車という事で、さすがに運転はできませんでしたが、ひととおり装備を体感することができました。

バーチャルコクピットはきちんとドイツ車らしい設計となっており、使い勝手は良さそうでした。これだけでもアウディを選ぶ理由というのはあるのかもしれません。

 

さて、ここでTTを勧められたわけですが、とりあえず40万円の値引きから始まりました。この40万円という値引きが大きいのか小さいのかわかりませんが、TTそのものの価格が僕にとっては満足度より高いと感じたので、新車で購入することはなさそうですが(中古で買う予定もありませんが)、新しいローンの仕組みの紹介をしてもらいました。

 

今までも残価設定ローンはあったのですが、今回新しく取り扱うようになった仕組みは、購入価格の50%以上を一括で頭金として支払いすれば、3年間支払いは発生しないというローン。その後については、残価を一括で支払うか、売却清算するか、もしくは残債分を48回までのローンで払うことができるというものです。

 

3年で買い替えることが多い人は、このような買い方もありではないかと思います。アウディの全ての車種に対応したローンという事だったのでR8(確認はしていませんが)もこの方法で購入することができるとすれば、1,500万円を準備してしまえば、3年間は所有できるという事です。

もし、このようなローンがランボルギーニで取り扱うようになれば、ウラカンを購入するハードルは下がりそうです。R8についてはどうかわかりませんが、ウラカンが3年で半額ということはなさそうですからね。