読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーカーをたくさん見てきました

初めてアヴェンタドールの実車を見ました。また、ウラカンもLP610-4とLP580-2の両方見ることができました。オーナーの方と話すことができ、ちょっとだけですが、スーパーカーの維持費についても聞くことができました。お話しいただいたオーナー様、ありがと…

ワールドグレイテストドラッグレース6 【World's Greatest Drag Race 6】

アウディとマクラーレンはさすがに早いですね。続いて日産(GT-R)、ホンダ(NSX)と続いています。 アウディR8がこれだけ早いという事は、ランボルギーニウラカンLP610-4は少なくても同じくらい早いという事になりますね。マクラーレンがこれだけ早いのにも…

ランボルギーニのエレクトリックスーパーカーはポルシェミッションEのハードウェアを使用

フォルクスワーゲングループの中で電気自動車を計画しているのは、おそらくポルシェだけではないようです。ランボルギーニでもエレクトリックスーパーカーを計画しているようで、Vitolaと呼ばれているようです。VitolaはポルシェミッションEから拡張性のある…

購入したいと思う自動車の順序を考えてみる

実際に購入可能かというのはさておき、金額的に入手可能であるという前提で考えてみたいと思います。そういうわけで、実際に購入検討候補にしている車種に絞って考えたいと思います。1位 アヴェンタドール2位 ムルシエラゴ2位 GT-R4位 540C5位 ウラカン…

欲しいと思う車について、性能、価格を除いた、各車種のメリットとデメリット。

僕は、何度も書いているように次の車を迷っている。ひとつの候補として、何らかのV12エンジン搭載スーパーカーを購入するため頭金をためる。そのために今の車を乗り続け、必要があれば安い中古車を購入して、さらに頭金を増やす。もうひとつが、何とか購入で…

手が届きそうなスーパーカーと欲しいスーパーカーについて

車を購入するなら、できれば新車でと考えているのですが、そういうわけにはいかない場合もあります。理由は様々で、金額的に無理だったり生産が終了していたり、または新車で乗らなくても中古で乗ってその車を楽しめれば十分という場有。中古で乗ってみたい…

アヴェンタドール(新車)またはムルシエラゴの中古の支払いシミュレーション

アヴェンタドールを購入しようとした場合の支払いシミュレーション。 現実的なのは、月々の支払金額のみ。その他は頭金も、残価の再ローンについても現実的ではありません。 そもそも、月に10万円しか支払いができないのにアヴェンタドールを所有することを…

コーンズのホームページにランボルギーニ支払いシミュレーション もしもウラカンLP580-2を購入するとしたら

購入できることならLP610-4が欲しいところですが、現実的に買えるとなれば(かなり無理をしてですが)LP580-2でしょうか。何年か前は、この価格帯でフェラーリのミッドシップV8やガヤルドのAWDモデルが買えたと思うと思うところがありますが、スーパーカーの…

ウラカンGT3 燃える

レース中に突然出火した模様。 クラッシュ等はして無いようで、オイルの類が漏れて、それに引火したのではないかと思われます。 しかし、このように突然出火するのは、やはり怖いですね。 ランボルギーニは2018年からWECの耐久レースに参戦するとのことです…

ランボルギーニ チェンテナリオ ロードスター

モントレー・カーウィークで、ランボルギーニ・チェンテナリオのオープンモデルが公開されました。 先に公開されていたクーペモデル20台と、今回公開されたオープンモデル20台の合計40台が生産されることになっています。 パワーユニットは、アヴェンタドー…

ムルシエラゴをオンライン見積もり

見積もりだけならだれでもできる。それがオンライン見積もりならなおさら。 というわけで、見積もりを依頼してみました。 コーンズさんで販売している車両なので、ある程度の保証を受けられるという事で、一応本命候補として見積もりを依頼してみました。 LP…

ペブルビーチにおいてランボルギーニ チェンテナリオ、ロードスター初公開へ

ランボルギーニは8月19日、米国カリフォルニア州で開幕する「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、『チェンテナリオ ロードスター』を初公開するようです。『チェンテナリオ』は、ランボルギーニの創業者、フェルッチオ・ランボルギーニの生誕1…

アメリカシカゴでウラカンが真っ二つになり炎上

アメリカシカゴでの事故。とおりかかった人が撮影したもののようです。 ドライバーは通行人たちに抱えられてなんとか救出されたようですが、ウラカンは真っ二つになり炎上。 ランボルギーニはエンジンルーム部分と運転席部分の継ぎ目で真っ二つになることが…

あのころ夢見ていたスーパーカー

もう10何年も前、その頃の僕はランボルギーニ・ディアブロに憧れていた。オープンモデルに気取らずジーンズで乗って過ごせたらなんて考えたりした。今は無理でも40歳くらいまではと当時思っていた。 ふとそんなことを思い出して、当時のディアブロの新車価格…

ウラカンのアフターパーツを発表

ランボルギーニがウラカン向けのアフターセールス・パッケージを用意しました。ストライプ、ウィング、ホイールなどが含まれ、取り付けた後もメーカー保証は継続されるようです。ランボルギーニを所有できる方は、ほかの方の車との差別化を望んでいると思わ…

ランボルギーニ、限定スーパーカー「チェンテナリオ」の走行映像を公開!

ランボルギーニの創業者『フェルッチオ』の生誕100周年を記念して、3月のジュネーブ・モーターショーで、チェンテナリオ(Centenario:イタリア語で「100周年」という意味)を発表したことは、ランボルギーニのファンではなくても自動車好きの方であれば承知…

スーパーカー4台がトーナメント対決!勝者はどの1台だ!!

マクラーレンMP4-12CとレクサスLFAが対戦して、その勝者がランボルギーニ・アヴェンタドールと対戦。そこで勝ったものがブガッティ・ヴェイロンと対決。 スペックは以下の通りとなっています。 マクラーレンMP4-12C(600ps)レクサスLFA(560ps)ランボルギ…

中古のムルシエラゴについて

※写真はイメージです。 ランボルギーニ・ムルシエラゴの良さそうな中古車をWEB上で見つけたので、見積もり依頼をしていたのですが、残念ながら先を越されたようで、売約済みとの回答がありました。 こういったスーパーカーの中古車は、個体選びなどが難しい…

AVENTADORロードスターのフェイスリフト

ランボルギーニアヴェンタドールロードスターのフェイスリフト版と思われる画像です。フロントは初期型とSVの中間といったところでしょうか。ここからさらに変わるかどうかはわかりませんが、楽しみですね。 個人的には、ここまで大胆なデザインになったラン…

ウラカンSV?

ウラカン・スーパレッジェーラでしょうか。 ニュルを走行中の様子とのことです。 スペックはどうなるのかわかりませんが、80-100kgほどの軽量化と640ps-650psほどの出力になるのではないでしょうか? そうなると、もしかしたらLP700-4の0-100kmのタイムを上…

ランボルギーニ ミウラオマージュ

ランボルギーニアヴェンタドールにミウラオマージュなるモデルがラインナップされた。 ミウラの50周年を記念して限定50台生産されるとのこと。 しかし、様々なモデルをアヴェンタドールで展開してきますね。 今一番欲しい車がアヴェンタドール(もちろん買え…