□ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニ・ウルス レース仕様

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセは、レースイベント「ランボルギーニ スーパートロフェオ」の舞台で、スーパーSUVを標榜するウルスのレース仕様「ウルス ST-Xコンセプト」を披露すると明らかにしました。

ランボルギーニSC18

ランボルギーニはワンオフモデルとなるSC18を発表しました。 これは、ランボルギーニのレース部門である「スクアドラ・コルデ」初となるワンオフモデルとのことです。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSとテスラモデルX・P100Dの加速対決

ランボルギーニ・アヴェンタドールSとテスラモデルX・P100Dの加速対決の動画になります。

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJに搭載されるVLV2.0

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJに搭載されるVLV2.0の解説動画が公開されています。ランボルギーニ アヴェンタドールSVJがサーキットを早く走れる理由は、このALAが搭載されているからということになります。

アヴェンタドールSVJ走行映像

やっぱり走行しているアヴェンタドールは格好良い。 走っていなくても格好良い。 すでに完売となっているSVJですが、オープンモデルについても割当枠は既に埋まってしまっていると思われます。

憧れはとは自分が近づくための存在

憧れ、夢、目標。言い方は違えど、同じような表現で纏められる言葉たち。 夢は叶えるものであって、ただ見ているだけでは意味がなく、目標は到達しないと意を成さない。憧れも指を咥えて眺めているだけでは近づくことはできない。 言葉にしてしまえば、簡単…

Lamborghini Aventador SVJ

アヴェンタドールSVJがついにデビューしましたね。 900台の限定で、価格は5,154万円。これにオプションを入れたらいくらになるのか気になるところ。

これは素直に格好良い リバティーウォークのアヴェンタドールS用エアロパーツ

アヴェンタドールS用のボディキット出ていたんですね。

Lamborghini Aventador SVJ ティザーイメージ

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのティザーイメージです。 フロントフードと思われる1枚の写真が公開されています。

見慣れると格好良い アヴェンタドールS

アヴェンタドールSが登場した時は、アヴェンタドールの方が絶対的にかっこい良いと思っていました。しかし、見慣れてくれば、アヴェンタドールSの方が格好良いのではと感じるようになりました。

ニュルブルクリンクのコースレコードを記録したランボルギーニアヴェンタドールSVJのオンボード映像

ニュルブルクリンクのコースレコードを記録したランボルギーニアヴェンタドールSVJのオンボード映像が公開されています。 スタイリングと性能を兼ね備えた本物のスーパーカー、ランボルギーニ アヴェンタドールSVJです。 正式発表が待ち遠しいです。 アヴェ…

アヴェンタドールSVJ ニュルブルクリンクのニューレコードを記録

ポルシェの記録を破り、6分44秒97でニュルブルクリンクを走破したとのことです。 ランボルギーニはウラカンペルフォルマンテで一時ニュルブルクリンクのコースレコードを記録していましたが、その後すぐにポルシェ911GT2RSに記録を塗り替えられました。しか…

アヴェンタドールSVJのティザー映像追加

アヴェンタドールSVJのティザー映像が追加されました。 前回よりも走行シーンが多く収録されていますが、ムービーの長さ自体は短めになっています。 停まっていても、走っていても格好良いです。

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJの公式テスト映像

ランボルギーニは、アヴェンタドールSのスペシャルヴァージョンにあたるSVJのテスト映像を公開しました。

Lamborghini ウラカンは11,000台 アヴェンタドールは8,000台生産を突破

V12エンジン搭載モデルはアヴェンタドールになってから、V10エンジン搭載モデルはウラカンになってからますます生産台数が伸びているランボルギーニ。V10エンジン搭載モデルは、ガヤルドもかなり売れていた印象ですが、ウラカンはすごい勢いですね。 そして…

ポロストリコでフルレストアされたランボルギーニ ミウラSVR

2016年からレストアのためイタリアへ送られていた個体が、レストアを終えて日本へと帰還しました。

ランボルギーニ 次世代はハイブリッドスーパーカーになる

ランボルギーニCEOのステファン・ドメニカリがトップギアの取材に対して、アヴェンタドール、ウラカンの後継車両にはプラグインハイブリッドシステムが搭載されるだろうと公式に認めたようです。

AVENTADOR S 火 日本限定のうちの1台はランボルギーニ麻布にて

日本限定アヴェンタドールSの1台、『火』の発表会がランボルギーニ麻布で開催されました。

ランボルギーニ ウルスは納車3年待ち

ランボルギーニ・ウルスは納車まで3年待ちとのこと。 僕は、正直そこまでとは思っていませんでしたが、ウルスを待ち望んでいた人はかなりいたんだなと思い知らされました。

Lamborghini Aventador SVJ のテスト走行を動画で

ランボルギーニアヴェンタドールSVJの走行テスト動画がUPされています。 これはかなり期待できそうです。

ランボルギーニ製EVのスーパーカーは登場するだろう しかし、それは2026年以降だ

通常のモデルサイクルで行くと、2020年にはアヴェンタドールの後継モデルが登場する見込みですが、ランボルギーニ製のEVがそのモデルには当たらないとのこと。登場するのであれば2026年以降という事になりそうです。

Lamborghini Diablo Lego

公式の製品ではないようですが、多くの支持者を集めれば、製品として登場するかもしれないランボルギーニの車です。

AVENTADOR SVJ

AVENTADOR SVJ 次期アヴェンタドールのハイパフォーマンスモデルとして発売されるだろうと噂されているモデルの名称とされています。

ダイレクトメール

僕は色々なディーラーを訪問するので、ちょくちょくダイレクトメールが届きます。 昨年末、念願のランボルギーニディーラーを訪れることができ、とても良い経験をさせてもらったと感じていました。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSのハイパフォーマンス版のスパイショット

アヴェンタドールSのハイパフォーマンス版と言うべきかアヴェンタドールSVの後継と言うべきなのかわかりませんが、一部ではアヴェンタドールSVJと呼ばれている次期ハイパフォーマンス版アヴェンタドールのスパイショットですね。

乗っておきたい車

もちろん一番はスーパーカー。新車ではなくてよいのですが、お金が貯まったタイミングでランボルギーニのV12エンジン搭載モデルを購入したいと思っています。

ランボルギーニ・ウラカン 生産台数1万台を突破

ランボルギーニが誇るV10モデルのウラカンの生産台数が、累計1万台に到達したとのこと。1万台目にあたるウラカンは、ボディーカラーが『ヴェルデ・マンティス』で、カナダへと送り出されるとの事です。ウラカン販売開始から4年ほどで1万台を達成というのは、…

ランボルギーニ・ウラカンペルフォルマンテ・スパイダー発表

ジュネーブモーターショーにて、ランボルギーニ・ウラカンペルフォルマンテのオープンバージョンの『ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー』が発表されました。

ランボルギーニ・ウルスのコンフィギュレーターで遊んでみた

遅ればせながら、ウルスのコンフィギュレーターで遊んでみました。 ボディの色は『Rosso Mars』を選択、ホイールはデザイン重視で『ASTEROPE 21" GRAPHITE GREY』、ブレーキキャリパーは『YELLOW』といった、なんとなくフェラーリを初めてオーダーする人が選…

格好良い車の基準

格好良いと思う感覚は、人それぞれなので、僕が格好良いと思っても同じように感じない人も多数いるという前提でのお話です。 僕が、格好良いと思う車はどちらかというとイカツイ感じの車。といっても、ヤンキー仕様というわけではありません。 東京オートサ…