□アストンマーティン

アストンマーティン 本気のキッズカー

れっきとしたアストンマーティンのキッズカー(トイカー?)ですが、これでレースに参戦。 これぞ大人のお遊びって感じでよいですね。

アストンマーティンヴァルキリーの画像が公開

コンセプトモデルの頃と比べてデザインこそ変わらないものの、よりシンプルになった気がします。 公開された内装はものすごくシンプルで、思っていたのとちょっと違いました。 詳細なスペックはまだ公表されていないようですが、パワーウエイトレシオは1にな…

アストンマーティン ラピードE オールエレクトリック

アストンマーティンはラピードのフルエレクトリックを2019年までに登場させるとしています。 生産台数は155台と噂されていますが、果たして完売するのでしょうか。 その後、おそらく2ドアモデルもエレクトリックが登場するのではないかと思われますね。

アストンマーティンDB11にV8エンジン搭載モデル

V8モデルが登場するDB11ですが、エンジンはAMG製となるようです。 どのようなサウンドになるのか、AMG-GTのエンジンサウンドはかなり迫力のあるものになっているので、どのような味付けがされるのか興味があります。 アストンマーティンはどちらかといえばジ…

アストンマーティン ヴァルキリーの市販デザインが公開

この度、アストンマーティンのVIP顧客向けにモナコGPにて、アストンマーティンヴァルキリーの市販デザインが公開されたとのこと。 やはり、コンセプトモデルから若干の変更はありますが、おおよそコンセプトモデルと同じデザインで登場というのはちょっと驚…

2017年のルマン24時間レース お疲れさまでした!

優勝はポルシェ。ポルシェは3連覇達成。 トヨタは何とか1台が完走。 今年のLMP1クラスは完走がこの2台のみという大荒れのレースとなりました。 LMP1クラスに負けないくらい荒れたレースとなったのは、GT-Proクラス。 LMP1クラスがFINAL LAPに入った時点でコ…

アストンマーティン、「2020年にフェラーリのライバルとなるミドシップ・スポーツカーを発表する」とパーマーCEOが明言

アストンマーティンは、そのラインアップを、ミッドシップのスポーツカーへと拡げようしているようです。これはレッドブルと共同開発したハイパーカー、「ヴァルキリー」の話ではなく、もっと主力商品となるミドシップ・スーパーカーを生産するということら…

アストンマーティンとレッドブルの共同開発車AM-RB001の正式名称が発表

正式名称はValkyrie(ヴァルキリー)になるということが発表されましたが、北欧神話のワルキューレから来ているものと思われます。 名称もそうですが、スペックがやはり気になるところ。ちなみに、150台が生産される公道仕様は既に完売していると伝えられて…

アストンマーティンがレッドブルレーシングエディションとしてV8とV12モデルを生産

Vantage S V8/V12のレッドブルレーシングエディションを生産すると言う事です。生産台数や価格など、具体的な数字は発表されていません。おそらくこれもプレミア価格が付くのではないかと予想されますね。 外装色は2色準備されているようです。

アストンマーティンのハイパーカーAM-RB001と非オフィシャルで架空のRR concept

アストンマーティンのAM-RB001が世界中で公開されていますが、ほぼこのままのデザイン(公開しているモデルの95%が市販されるデザインと同じと言われている)で登場するというのは、やはり信じられません。 本当に早いのか、そして、購入する人たちはこれで…

こういったクラシックカー風の自動車なら欲しいかも ジュネーブでデビューするスピードバックGT

およそ622,330ドルという超高額な価格設定となっているため、もちろん購入できるはずもありませんが、アストンマーティンをモチーフとして中身はジャガーというのがこの車。デビット・ブラウンという人物によってつくられたこの車、このデビット・ブラウンと…

アストンマーティンのハイパーカーAM-RB001の追加情報

既に完売となっているアストンマーティンのAM-RB001の最高速についての情報が開示されています。7リッターV12エンジンを搭載して、最高速は402km/h。XTRAC製シングルクラッチが採用され、80馬力を発生させるKERSの様なエレクトリックデバイスを採用するよう…

アストンマーティンヴァンキッシュS登場

アストンマーティンは、2代目ヴァンキッシュに赤い"S"のバッジを与えました。ヴァンキッシュ Sは、スタイリング、パフォーマンス、サスペンション、インテリアまで手が入れられ、従来のヴァンキッシュや、新型モデル「DB11」とも差別化を図っています。6.0…

マクラーレンF1の後継機が2019年に発売

現在コードネームBP23としてプロジェクトが進められているとの噂です。 このBP23はマクラーレンF1と同様のシートレイアウトが採用されるとのことで、センターに運転席、その左右後方に2つのシートが配されるようです。 価格は3億円ほどになるのではと言われ…

アストンマーティンRB001はアクティブサスペンションを採用して200mphまで10秒

やっぱりアクティブサスペンションを採用という事なのでしょう。 しかし、約320km/hまで10秒というのは凄いスペックですね。

アストンマーティンのハイパーカーAM-RB001日本公開

ONE-77やヴァルカンを購入した人に優先的に購入権が与えられるといわれていますが、購入希望者は販売台数150台に対し、600名にのぼっているとのことです。 いまのところ、AM-RB001が公開されているのは、本国イギリス以外では、フランス、シンガポール、日本…

スーパーカー

僕が思い描くスーパーカーの定義を書きます。あくまでも、自分の中でのと言う事です。まず、スーパーカーとハイパーカーは別であると言う事です。僕は、スーパーカーはハイパーカー未満であると思っています。また、普通のスポーツカーよりも上であると言う…

ワールドグレイテストドラッグレース6 【World's Greatest Drag Race 6】

アウディとマクラーレンはさすがに早いですね。続いて日産(GT-R)、ホンダ(NSX)と続いています。 アウディR8がこれだけ早いという事は、ランボルギーニウラカンLP610-4は少なくても同じくらい早いという事になりますね。マクラーレンがこれだけ早いのにも…

AstonMartin DB11のシューティングブレークはこうだ!

シューティングブレークが生産されるならといったところでしょうか。 このまま出てもおかしくないですね。 2ドアのシューティングブレークといえば、最近はフェラーリがFFからルッソにモデルチェンジしたばかりですが、はやりなのでしょうか。SUVの次は2ドア…

アストンマーティンDB9 最後の9台×2グレードをラインオフ

アストンマーティンアストンマーティンは、最後の18台(クーペ9台とヴォランテ9台)の生産を7月23日に完了したと伝えました。これで13年という長い歴史に幕を閉じたことになります。ずいぶん長かったですね。それだけ愛されたモデルという事でしょうか。 な…

アストンマーティンとレッドブルの次世代スーパーカー

予てより企画が発表されていたスーパーカーですが、このほど画像が公開されました。 このまま出てくるのかどうかはわかりませんが、なかなか格好良いと思います。 どことなくLaFerrariやパガーニウアイラのようなデザインだと個人的には思います。 V12エンジ…

アストンマーティン ワンオフ ヴァンテージGT12

アストンマーティンヴァンテージGT12クーペは2015年に100台が限定生産された。6.0リッター自然吸気V12エンジンが600psを発生し、重量は『V12ヴァンテージ S』より100kg以上も軽い。 このGT12クーペをベースにワンオフのロードスターが作られた。 アストンマ…