□その他メーカー車

ロールス・ロイスの子供用電気自動車

ロールス・ロイスが製作した子供用電気自動車の『SRH』。 車名の『SRH』は英国のウエストサセックス州にあるセント・リチャーズ病院の頭文字から取ったもので、この特別な小型のロールスは同病院の小児科に寄贈されました。 この電気自動車の塗装はなんと12…

掃除機のダイソンが電気自動車に参入

サイクロン式吸引掃除機で日本でも一躍有名になったイギリスのダイソンですが、このほど、その掃除機のモーターのノウハウを活かしてEV業界へ参入すると発表しました。 その参入における開発費は10億ポンド(日本円でおよそ1,500億円)以上と言われておりま…

バイク試乗 一気に3車種

ハーレー1車種とYAMAHA2車種を試乗。 クローズドコースでの試乗だったので、車に気を取られることなく試乗ができたので、その点は良かったですね。 とは言っても、先導車ありの試乗だったので、スピードはそれほど出せませんでした。 試乗したのは □ハーレー…

スズキ新型スイフト・スポーツ フランクフルトでデビュー

日本では9月12日に発表となりましたが、先駆けてフランクフルトでデビューしていますね。 マフラーが左右2本出しだったり、17インチのアルミホイールが装着されていたりと、スポーティな仕上がりになっているスイフトスポーツ。 パワーユニットは直列…

日本の企業がEV界へ一石を投じる 最速を狙うEVスーパーカーを開発中

日本の企業がプロジェクトとして進めているこ『アウル』という名のEVスーパーカー。 株式会社アスパークという人材派遣などを主としている会社とのこと。 フレームの写真や、テストの様子がネットにアップされていますが、どこまでタイムを出せるのかちょっ…

アリエルが1,000馬力を超える電動スーパーカーを開発中

アリエルは『アトム』や『ノマド』といった軽量のオープンボディの車両を製造していますが、今回はクローズドボディーで、それなりのバッテリーを搭載していると思われるため、重量も大きい電動スーパーカーを開発中のようです。 公式な車名はまだないが、ア…

TVRグリフィス発表

長きに渡る沈黙からようやく復活したTVR。 そのTVRが満を持して発表したのが『Griffith』ということになります。 TVRは日本ではあまりなじみがありませんが、SONYの家庭用ゲーム機プレイステーションのソフトである『グランツーリスモ』シリーズに登場したこ…

ケン・ブロックの最新動画が公開

今回はフォードフィエスタ! いつもながら凄いテクニックですね。

Ken Okuyamaによるコンセプトカー コードゼロ発表

フェラーリやポルシェのデザインを手掛けたKenOkuyamaさんですが、この度、新たなコンセプトカーを公開しました。 コードゼロということで、その直線的なスタイルからすると、童夢Zeroへのオマージュという事なのでしょうか。もしかすると、この前のROSSOに…

ダッジヴァイパー 最後の1台がラインオフ

1991年の登場の初代から3代目まで続いた生産が終了したとのことです。 初代はレースでの活躍も目立ち、日本でも知名度が高かったと思われますが、2代目、3代目と続くと、初代ほどのインパクトはなかったのか、世間一般には、なかなか話題にはならない車だっ…

TVR 登場予定のスポーツカー 新たなティザー画像を公開

TVRが発売予定の車は電子制御を排した『今風ではない』物になるとされていますが、その新たなティザー画像が公開されています。 この手のメーカーの車は、なかなか日本での需要がなく、どこかの企業が代理店をやるのかわかりませんが、輸入されたとしても、…

イタルデザイン 限定5台のゼロウノは完売

ジュネーブモーターショーで公開されたイタルデザインのゼロウノですが、既に完売したとのことです。ゼリウノはV10エンジンを搭載した4WDのハイパーカー。価格はおよそ2億円と、こちらもハイパー。この後にはゼロウノのロードスターが控えているということな…

車を買うかガレージを建てるか

卵が先か鶏が先かではないですが、ガレーを建ててしまおうか、それとも車を購入しようかと考えています。 ガレージを建てるのも車を購入するのもまとまったお金が必要ですが、近いうちにとは考えています。 というわけで、ガレージについてなのですが、2つの…

ローロスロイスファントム 14年ぶりに一新

2003年の登場から実に14年ぶりにモデルチェンジを実施したロールスロイスファントムが公開されました。 エンジンは6.75リッターのV12型、モデルチェンジをしても、キープコンセプト。 現代のモデルにこそ必要なものなのかもしれませんね。

いよいよダッジヴァイパー生産終了 コーナー・アベニュー工場が8月31日で閉鎖

生産終了といいつつ、まだ生産されていたダッジヴァイパーですが、いよいよコーナー・アベニューの組み立て工場が廃止されるようです。コナー・アベニュー工場では1995年から(ヴァイパーの2代目が2010年に生産終了し、3代目として2012年に復活するまでの…

ロータスエヴォーラGT430デビュー

限定60台が生産されるロータスエヴォーラ430GT。 その名のとおり430馬力を発生させます。 パワーユニットはトヨタ製のV型6気筒3.5リッターガソリンエンジン。 乾燥重量1,258kg。これは、先日発売された410GPエディションよりも、およそ70kgも軽量化されてい…

ボルボ これからはEVかハイブリッド車しか生産しない

ボルボは2019年以降、EV、もしくはハイブリッドしか生産しないと発表しました。現行車については、それ以外のモデルも引き続き生産するようですが、2019年以降にデビューする車種はEVかハイブリッドもしくは、プラグインハイブリッドのみのラインナップに切…

ブガッティシロンを美しい画像で確認する

僕の様な一般人はなかなか見ることができないブガッティシロンですが、ネット上には様々な美しいシロンの画像を見ることができます。

【動画】SUZUKIハヤブサのエンジンを使用したV8エンジンを搭載したエリーゼ

やっぱりV8のエンジン音は気持ちがいいですね。 このエリーゼに搭載されているエンジンはSUZUKIハヤブサのエンジンを2基使用したV8エンジンで450馬力を発生させるとのこと。なお、10,000rpmまで回せるエンジンで、その分おいしい部分のパワーバンドは狭いと…

810馬力までパワーアップされたヨン・オルソのロールスロイス

オランダのアブソリュートモータースにより810馬力までチューニングされたロールスロイス。 それにしても、ものすごい迫力ですね。

ブガッティシロンプロトタイプ ニュルブルクリンクで目撃

開発に使用されていたブガッティシロンのプロトタイプが、最近になってニュルブルクリンクで目撃された模様です。この先、さらにハードなモデルが登場するのかどうかわかりませんが、現在のモデルでも1,500馬力を発生するパワーユニットを搭載しているので、…

2017年のルマン24時間レース お疲れさまでした!

優勝はポルシェ。ポルシェは3連覇達成。 トヨタは何とか1台が完走。 今年のLMP1クラスは完走がこの2台のみという大荒れのレースとなりました。 LMP1クラスに負けないくらい荒れたレースとなったのは、GT-Proクラス。 LMP1クラスがFINAL LAPに入った時点でコ…

SCG003Cがニュルブルクリンクを6分33秒2で駆け抜ける

ニュルブルクリンク24時間レースにも出場したSCG003Cですが、タイムアタックで6分33秒2という記録を打ち立てたとのことです。 行動仕様車ではないので、単純に比較することはできませんが、やはり本気でアタックするとこれだけのタイムを出せるモデル…

トランザム風のペイントを施された812スーパーファストのレンダリング

40年前に公開された映画『Smokey and the Bandit』のトランザムに施されたペイントを施された812スーパーファスト。 これは、『Smokey and the Bandit』の40周年にちなんで制作されたCGですが、こういったペイントを施すと、フェラーリが、なんとなくアメ車…

SCG(スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス)のSCG003Sがニュルで6分40秒を記録

このSCG300Sは今年3月のジュネーブモーターショーで公開されており、パワートレインには、800psを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンが採用されています。それを500psまで出力を下げ、さらに100kgのウエイトを搭載して走行したとされています。…

NIO EP9がニュルブルクリンクを6分45秒で駆け抜ける

中国の新興EVメーカーNIOのEP9がニュルブルクリンクを6分45秒という驚異的なタイムで走行したという事です。 EVのハイパーカーがこのような記録を打ち立てるという凄い時代が到来しましたが、もう少し技術が向上して、バッテリーの問題が解決されれば、本当…

ダラーラのロードカーが再び目撃される

ダラーラのロードカー(テスト車両)が再び目撃されたという記事です。 エンジンについては、フォード製2.3リッターターボユニットのようです。 このダラーラのロードカー、本当に出るのでしょうか? ちょっと興味がありますが、ボディー制作会社らしく、エ…

スズキスイフトRStに試乗

前々から試乗をしたいと思っていた新型スイフトに試乗しました。 1.0リッターながら、ターボ搭載で、なおかつ車重が軽いので、軽快な走りをしてくれます。僕が試乗した車には、フロアマットくらいしかオプションが装備されていなく、ナビゲーションシステム…

RUFからイエローバード30周年記念モデルのCTR

ジュネーブモーターショーに登場した一風変わったポルシェ911。930の形をしたルーフの新型CTRで、30台のみ限定で生産されるとのこと。つまりポルシェ911ではないことになりますが、形は930型ポルシェ911.ルーフとポルシェについては今回は書きません。ルーフ…

ALPINE A110公開 スペックも明らかに

こちらもジュネーブモーターショーで公開されたA110。とにかく軽量にして、運動性能を高めるような車両を目指したようです。1.8リッター4気筒ターボエンジンのミッドシップスポーツカー。コンパクトな車体は、アルミニウム製のプラットフォームとボディを接…