ギターメーカーのGIBSON 経営危機

なんとも衝撃的なニュースですが、あのギブソンが経営危機に直面しているとのこと。 ラインナップの見直しなどをして、数年以内に負債を返済するとのことですが、なんとか立て直してほしいところです。 ギブソンのギターについては僕も1本所有していますが、…

【S204雑記】洗車

やっと洗車をすることができました。とはいっても、肝心な下回りの洗車ができていないので、満足度はいまいちです。ワックスの施工もできていません。 それでも、かなりきれいにすることができました。 まだまだ寒く、雪の降る合間を見て洗車をしたのですが…

メルセデス・ベンツ ジュネーブ・モーターショーでフェイスリフト版のCクラスを公開すると発表

3月6日に開幕されるジュネーブ・モーターショーで、フェイスリフト版のCクラスセダンとワゴンを公開すると発表しました。 フルモデルチェンジではないものの多くの変更があるようです。前後のライトやフロント・フェイシアもリフレッシュされ、それによって…

トヨタ スープラは3月のジュネーブモーターショーで公開か?

トヨタから1枚のティーザー画像が公開され、ネットでも反響を呼んでいるようです。画像から推測するに、次期スープラとされる車両のレーシングカー、もしくはコンセプトモデルなのではないかと思われますが、トヨタのアナウンスでは「トヨタのアイコン的ス…

【試乗記】レクサスLSの試乗

レクサスLSには、大きく分けて2つの種類があり、エンジンのみをパワートレインとしたLS500と、それにモーターが組み合わさったハイブリッドのLS500hが存在します。この両車には、2WDモデルとAWDモデルが存在して、さらにそれぞれに5種類(無印、“I package”…

ジャガー Dタイプの生産を再開

話は、60年以上前に遡る訳ですが、ジャガーは1956年にレーシングカーの『Dタイプ』を限定100台生産するという計画を立てました。しかし、この計画は途中で中断されてしまい、100台生産されるはずだった『Dタイプ』は、75台が生産されるにとどまりました。当…

風邪です

インフルエンザではありませんでしたが、体がだるすぎます。皆様もお気をつけください。と言うわけで、本日の更新は無しです。

格好良い車の基準

格好良いと思う感覚は、人それぞれなので、僕が格好良いと思っても同じように感じない人も多数いるという前提でのお話です。 僕が、格好良いと思う車はどちらかというとイカツイ感じの車。といっても、ヤンキー仕様というわけではありません。 東京オートサ…

VW アルテオンを見てきた

VWのラインナップの中では高額な車種で、いままでのブランドイメージよりもワンランク上のアルテオン。その車両サイズは申し分なく、パーソナルユースの車両としては十分な大きさなのではないかと感じました。サイズ的には同じグループのアウディA4と同等で…

洗車をしなければと思う

雪が降って道路が汚れると、必然的に車も汚れてしまいます。融雪剤の影響もあったりするため、そろそろ洗車をしなければならないと思っていたのですが、あいにくの雪。なかなか洗車ができないでいます。ボディーもかなり汚れていて、何とかしないといけない…

ディーラーで出される飲み物について

ディーラーに行くと「お飲み物は何にいたしましょう。」と聞かれますが、ほとんどの場合、コーヒーを頼みます。それにはいくつかの理由があり、ひとつはディーラーのスタッフの方に手間をかけさせないためというもの。通常であれば、コーヒーメーカーにスト…

レクサスLSを見てきた

発売から時間が空いてしまいましたが、やっと実物を見ることが叶いました。 LSいう名称での日本導入としては2代目となる新型。先代のLSが登場した際、実際に試乗をしたのですが、当時のLSは本体価格も700万円代ということもあり、セルシオにレクサスのブラン…

たまには

昼間から焼き肉を食べに行きました。 チェーン店とかではなく、たまにはキチンとしたお店です。 カルビだと、最近脂が重く感じるので赤身にしたのですが、そっちの方がちょっとだけ高い。でも、おかげさまでお腹への負担は少なくて済みましたが、ちょっと物…

久しぶりに小説を購入

銀河鉄道の父を購入です。直木賞受賞作品を購入するというミーハーぶりです。時間がなかなかとれないので、読む機会はあるのか、今の所未定です。

LC500hを見て来た

既に試乗はしているLC500h久々に実車を見て来たのですが、やはり格好良いと思いました。雑誌やネットで見ると、なんとなくイマイチに見えたりするのですが、実物を見るとやっぱり良いです。ハイブリッドではない方も本当は試乗をしてみたいのですが、なかな…

W204車検の見積もり

ヤナセにて、W204Cクラスワゴンの見積もりを出してもらいました。 交換修繕対象個所が結構あったのですがその全てをお願いすると、法定費用込みで30万円と、かなり高額になってしまう事が判明しました。 ヤナセはもともと料金が高く設定されているのでしょう…

レジャーモデル「クロスカブ110」をモデルチェンジするとともに、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を新たに発売

Hondaは、レジャーモデルとして好評の「クロスカブ110」の外観を一新するなどモデルチェンジを行うとともに、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を新たに設定し、2月23日(金)に発売します。 ●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)クロスカブ50 29…

【W204】雑感 ウインカーとワイパーについて

メルセデス・ベンツのウインカーレバーはワイパーのレバーと統合されており、その上部の方にクルーズコントローラーのレバーが装備されています。 ウインカーとワイパーが左右に分かれていないので、日本車から乗り換えてもウインカーを出そうとしてワイパー…

鈴鹿サーキットでポルシェケイマンを置き去りにするコペン

このコペンですが、エンジンの載せ代えをしているわけではなく、搭載されているエンジンをチューニングしているとのこと。タイムはなんと2分28秒295。後半で登場するR35GT-Rは道を譲っています。車もすごいのでしょうが、動画を確認すると、相当運転が上手い…

メルセデス・ベンツAクラス新型発表

新しいAクラスが発表されました。 エクステリアのデザインは現行型のスタイルを踏襲していますが、より洗練された顔つきになり、CLAのハッチバック版の様な感じになっています。 サイズは全長4,419×全幅1,796×全高1,440mmで、現行モデルに比べると全長が約12…

ストラトス風カラーのアヴェンタドール

かなりいい感じにドレスアップされたアヴェンタドールです。 こんなカラーなら派手なカスタムでも乗ってみたいかもしれません。

レクサスから「LC コンバーチブル」が2年以内に登場との噂

レクサスは、『LCコンバーチブル』の生産にゴーサインを出し、その後ハイパフォーマンスモデルの『LC F』も生産の承認がされる見込みであると「Auto Express」が伝えています。『LC』が『SC430』の後継と考えれば、コンバーチブルモデルが追加されてもおかし…

メルセデスベンツ新型Aクラス

2月にオランダ・アムステルダムでワールドプレミア予定の新型『Aクラス』について、新たなティザーイメージが公開されました。メルセデスベンツのAクラスは次期モデルで4世代目。このAクラスから「メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス:通称MBUX」…

2017年自動車販売台数 トヨタが3位へ

1位はVWグループですが、前回2位だったトヨタが後退して、3位に日産・ルノー連合が入ってきました。自動車大手が30日までに発表した2017年の世界販売実績は、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が2年連続で首位。仏ルノー・日産自動車連…

車の購入はリセールを考えて?

最近は目標があるのでなかなか車の乗換えをしていないのですが、以前は頻繁に車を乗り換えていました。 できれば頻繁に乗換えをしたいのですが、やはり購入資金がなかなか準備できなかったり、思ったような下取り価格が付かなかったりという事があるので、う…

【試乗記】スズキXBEE見積取得

2WDと4WDの両方とも見積もりを出してもらったのですが、オプションを選んでいくと結局上のグレードと同じような装備になってしまうので、初めから上位グレードのMZを選択しました。 ボディー色は、キャラバンアイボリーパールメタリックとホワイトの2トーン…

この時期気になるNAMM

久々の楽器ネタです。 この時期開催されるNAMM。それに合わせて各メーカーは様々な商品を発表します。NAMMの記事を読んでいる中で気になったのがBOSSの『GT-1000』。 まだ発売前なので、音や使用感については不明ですが、現行のGTシリーズよりもかなりスマー…

BB売却

長い間所有したトヨタBBですが、売却することにしました。しばらく僕のセカンドカーとして活躍してくれ、その後GT-Rを売却したことにより、メインの車として活躍してくれたBB。2台所有を考えましたが、セカンドカーの必要性が見いだせなかったので、売却をす…

アポロ インテンサ・エモツィオーネが香港を走行

実際に公道を走行しているのが信じられないくらい過激なデザインの『インテンサ・エモツィオーネ』ですが、コンセプトモデルが登場したときは今よりおとなしいデザインだった気がします。といっても、かなり過激なデザインで、本当に登場するのかと思ってい…

フェラーリがEVのスーパーカーの生産を計画

超一流の内燃機関を製造するフェラーリでさえも、時代の流れには逆らえないということでしょうか。ハイブリッドについては既に実用化を達成しているフェラーリですが、内燃機関を持たない車両を作るというのですから、まさにスーパーカーの歴史が変わるタイ…