フェラーリがカリフォルニアTの後継モデルを発表

Ferrari Portfinoと発表されたカリフォルニアTの後継モデルの名称。 イタリアの地名で日本語だとポルトフィーノ。カリフォルニアも地名なので、おそらくこのPortfinoも地名で間違いないのではないかと思われますね。 V型8気筒の3.9リッターエンジンを搭載す…

BMW Z4 Concept ぺブルビーチで公開

BMW Z4 Conceptがペブルビーチで公開されました。 次期スープラと姉妹車になるとされているだけに、スープラのファンにとっても気になる車種ではないでしょうか。 まだコンセプトということなので、最終的にはどのようなデザインになるのか気になるところで…

Ken Okuyamaによるコンセプトカー コードゼロ発表

フェラーリやポルシェのデザインを手掛けたKenOkuyamaさんですが、この度、新たなコンセプトカーを公開しました。 コードゼロということで、その直線的なスタイルからすると、童夢Zeroへのオマージュという事なのでしょうか。もしかすると、この前のROSSOに…

節約

なんとなく良い車に乗ろうと思ってお金を貯めていたと言うのが、およそ2年生程前までの自分。当時はGTRが買えればな位で、これと言った目標もなく、そこまで節約をしていたわけではありませんでした。 ちょうど家を購入したのもそのあたりの時期。一括で購入…

ガレージの見積をもらってみる

まだ、どんなガレージにするのかはまとまっていないのですが、とりあえず、ガレージの見積をもらってみました。 今回は、イナバのガレーディア2連ガレージと、リクシルのスタイルコート。 まずはイナバののガレージですが、本体、施工まで行って、床は土間コ…

ダッジヴァイパー 最後の1台がラインオフ

1991年の登場の初代から3代目まで続いた生産が終了したとのことです。 初代はレースでの活躍も目立ち、日本でも知名度が高かったと思われますが、2代目、3代目と続くと、初代ほどのインパクトはなかったのか、世間一般には、なかなか話題にはならない車だっ…

ガレージの建設を計画

自宅を建築してから、ガレージも設けようとしていましたが、土地の関係で進展していませんでした。 今回、土地の目途が立ったので、計画を進めることに。 ただし、土地の運用に関する手続きがあるので、実際に建築に着手し始めるのは結構先になる予定です。 …

911用空冷エンジンをジンガーとウィリアムズが共同開発

クラシックポルシェを現在の技術でレストアするジンガーが、ウィリアムズと共同で空冷のフラットシックスエンジンを開発。このエンジンは、空冷の911ポルシェのオーナーが依頼した改修のために作られたものとのことです。エンジン性能もさることながら、軽量…

TVR 登場予定のスポーツカー 新たなティザー画像を公開

TVRが発売予定の車は電子制御を排した『今風ではない』物になるとされていますが、その新たなティザー画像が公開されています。 この手のメーカーの車は、なかなか日本での需要がなく、どこかの企業が代理店をやるのかわかりませんが、輸入されたとしても、…

インフィニティがレトロなコンセプトカーを公開

ペブルビーチに出展予定とされているコンセプトカー。 『ヘイテイジ インスパイアード プロトタイプ』。 名前のとおり、古きものに感銘を受けたレースカーで、設定が面白く、日本で70年間人知れずに放置されていた車をコンセプトとしています。 スポーツのイ…

次期トヨタスープラのフロントデザインが見えてきた ヘッドライトはFT-1の様に

次期スープラの細部については、そのほとんどが偽装されたボディ形状の画像ですが、今回は、ヘッドライトの形状がいくらかわかってきました。今回のスパイフォトによると、FT-1コンセプトの様な3連のライトが採用されるのではないかと思われます。これは、現…

アキュラがデイトナ24時間レースに復帰

アキュラがデイトナ24時間レースに復帰するといううれしいニュースです。近年のNSX復活にともない、HONDAはレースにも力を入れていることが伺え、最近では、アキュラNSX-GT3が(同ホンダについても同じく)発売となりました。デイトナ24時間レースに参戦する…

物の価値感について

同じ素材を使用していても、価格が高いものとそうで無いものが存在する。ブランドの名を冠した物はそれだけで価格がグッと高くなる。勿論、品質管理や製法、デザインの拘りなど、素材だけでは判断できない事が沢山あるので、価格が上がるのは当然。僕自身は…

新車のレクサスLFAが、アメリカのディーラーに在庫としてまだ12台存在するという事実

レクサスLFAは、今年の7月にアメリカのディーラーから1台販売されており、昨年はなんと6台も売れていたとのこと。ここで疑問が生じるのは、2012年にLFAの生産は終了しているということ。では、なぜ既に生産終了しているLFAの新車が販売されているのか。レク…

イタルデザイン 限定5台のゼロウノは完売

ジュネーブモーターショーで公開されたイタルデザインのゼロウノですが、既に完売したとのことです。ゼリウノはV10エンジンを搭載した4WDのハイパーカー。価格はおよそ2億円と、こちらもハイパー。この後にはゼロウノのロードスターが控えているということな…

GSユアサ 2倍の距離を走行可能にするEV用電池を生産

まだ先のようですが、1回の充電で現在の走行距離の2倍を走行できる性能をもつ電池を2020年にも開始すると発表しました。現在のEVに搭載される電池で、通常走れる距離は、ガソリン車のおよそ半分。これが、新しい電池が開発されれば、ガソリン車と同等の距離…

車を買うかガレージを建てるか

卵が先か鶏が先かではないですが、ガレーを建ててしまおうか、それとも車を購入しようかと考えています。 ガレージを建てるのも車を購入するのもまとまったお金が必要ですが、近いうちにとは考えています。 というわけで、ガレージについてなのですが、2つの…

ちょっと迷っている買い物 GTSport

グランツーリスモシリーズをずっとプレイしてきたのですが、しばらく家庭用ゲーム機から距離を置いていたので、グランツーリスモの新作であるGTSportをプレイするためのゲーム機(PS4)を購入していません。 随分前にPS3が出た時は、グランツーリスモのデモ…

ランボルギーニアヴェンタドール燃料系にリコール

アウディジャパンは国土交通省に対して、アヴェンタドールのリコールを届け出ました。 対象となるのは、ランボルギーニ『アヴェンタドール LP700-4』『アヴェンタドール LP720-4』『アヴェンタドール LP750-4』の3車種で2011年8月29日~2017年2月7日に輸入さ…

トヨタC-HRにツートンカラーのオプションが登場

トヨタC-HRにオプションとして、ピラーと屋根の色を選べるオプションが登場しています。選択できる屋根及びピラーの色はブラックとホワイトの2色となっています。トヨタのサイトで確認すると、販売当初からオプションで設定しても良かったのではないかと…

古いベルトのバックル

ずいぶん前に購入して、ベルトの部分が駄目になってしまい、バックルのみがあるというGUCCIのベルトをなんとかしようと。以前、GUCCIのショップでベルトの部分だけど換えられないか聞いたことがあるのですが、かえって高くなりそうだということで、そのまま…

トヨタがマツダに出資 EVを共同開発

日本の自動車メーカーも真面目にEVの事を考えなくてはいけない時期になってきたという表れなのだと思う出来事なのではないでしょうか。トヨタはEVに対して最近までは、あまり積極的ではありませんでしたが、ここのところ、全個体電池の件があったり、一転し…

フェラーリ360モデナで27万Km

※画像は該当の車両と異なります。 毎月購入している雑誌に書かれていた記事に、360モデナで27万kmを走行した方の特集記事が書かれていました。 17年間の間に27万km、普通の車以上の使われ方をしてもまだまだ普通に走れるということなので、素直にすごいと思…

久しぶりの洗車

朝は車の汚れを気にするひももなく出かけ、帰りは夜中というサイクルだったので、休みになても寝て過ごすことが多く、なかなか洗車までする気力がありませんでした、久々に洗車をしました。 ひととおりシャンプー洗車をして、水垢を取りつつワックス施工。 …

HONDA レース専用車両の『NSX GT3』を発売

Hondaは、NSXをベースにFIA-GT3規則に合致した全てのGTレースに参戦可能な専用車両 「NSX GT3」を、2018年のレースシーズンに向けて7月28日より受注を開始しました。 「NSX GT3」は北米、ヨーロッパ、日本、オーストラリアなど全世界で開催されているFIA公認…

トヨタ カムリ試乗

かなりアグレッシブなフロントフェイスに生まれ変わったカムリです。 SAIとマークXが統合され、カムリ1本で行くという事は、ある種、日本市場の切り捨てと感じられるところがあります。 なかなかセダンが売れない時代なので、仕方がないのかもしれませんが、…

ローロスロイスファントム 14年ぶりに一新

2003年の登場から実に14年ぶりにモデルチェンジを実施したロールスロイスファントムが公開されました。 エンジンは6.75リッターのV12型、モデルチェンジをしても、キープコンセプト。 現代のモデルにこそ必要なものなのかもしれませんね。

いよいよダッジヴァイパー生産終了 コーナー・アベニュー工場が8月31日で閉鎖

生産終了といいつつ、まだ生産されていたダッジヴァイパーですが、いよいよコーナー・アベニューの組み立て工場が廃止されるようです。コナー・アベニュー工場では1995年から(ヴァイパーの2代目が2010年に生産終了し、3代目として2012年に復活するまでの…

フランスに続きイギリスも

イギリスでは2040年までにガソリン車、ディーゼル車を規制するという発表がなされました。世界的な内燃機関搭載車の規制が始まろうとしている中、日本のメーカーはどのような方向にシフトしていくのか気になるところですね。日本ではEVが普及できていませ…

いつもの雑誌

最近、仕事の終わる時間が遅く、仕事帰りに本屋さんに寄る事が出来ないので、昼休みに出掛けて購入するというサイクルになっています。今回もなんとか昼休みに時間を作って購入。最近はじっくり読む時間がなく、眺めているだけですが、唯一楽しみにしている…

ブガッティ シロンの次のハイパーカーはエレクトリック

ブガッティは2040年までガソリン車、ディーゼル車を販売禁止にすると宣言しているフランスの自動車ブランド(VWの傘下ですが)なので、ブガッティの次期ハイパーカーがEVになるのは別に不思議なことではありません。 ブガッティシロンは性能だけではなく、エ…

BMW M8 GTEのテスト走行が実施

LM-GTE Proクラスでレースに参戦する予定のBMW製ニューマシーン。 2018年のデイトナ24時間レースでデビューするとされているM8GTEですが、現在ドイツのサーキットでテスト走行を行っているという事です。 このLM-GTE Proクラスは、様々な車両がひしめき合っ…

スバルS4の見積もりを出してもらう

S4 GT-Sのベースグレードですが、最低限必要なオプションを付けると、乗り出し475万円ほどとなるようです。選択したオプションは、ナビ、ETC、リヤビューカメラ、ボディー関係のコーティングのみですが、日本車にしては乗りだしまで、結構な金額が掛かってし…

ロータスエヴォーラGT430デビュー

限定60台が生産されるロータスエヴォーラ430GT。 その名のとおり430馬力を発生させます。 パワーユニットはトヨタ製のV型6気筒3.5リッターガソリンエンジン。 乾燥重量1,258kg。これは、先日発売された410GPエディションよりも、およそ70kgも軽量化されてい…

フェラーリF40発売から30年経過

今見てもとても良いデザインだと思うF40。 僕はスーパーカーブームを知りませんが、F40については何となくブームの記憶があります。 僕が大人になって免許を取得した頃でも、F40のデザインは格好良く思え、買えなくても憧れた1台です。 そんなF40も30年前の…

なかなか時間が取れない中で

時間の余裕は作るもの。そうかもしれないのですが、自由業ではない人には難しいのかもしれません。今の僕は、時間をお金に換えて仕事を頑張っている状態と割り切れば良いのかもしれませんが、収入はそれほど増えていないのが現実的。場合によっては日を跨ぐ…

ルイヴィトンのスマートウォッチ

先日、新聞を眺めていて見つけたルイヴィトンの広告。 それは、タンブールホライゾンの広告でした。 これは、スマートウォッチなのですが、スマートウォッチとしての価格としてみれば、かなり割高だと感じます。 しかし、ルイヴィトンの時計と考えれば、それ…

本当に何か1台買おうと思ったら?

スーパーカーを手に入れるためにお金を貯めようと考えているのですが、お金が貯まる前に、1度は車の買い替えをしなくてはならないのではないかと考えています。 現在の車に特に不満があるでもなく、特別思い入れがあるわけでもないのですが、だらだらと長く…

アストンマーティン 本気のキッズカー

れっきとしたアストンマーティンのキッズカー(トイカー?)ですが、これでレースに参戦。 これぞ大人のお遊びって感じでよいですね。

スバルS4に試乗

マイナーチェンジ版が発表されましたが、試乗したのはマイナーチェンジ前のS4。 S4のシャーシはSGP(スバルグローバルプラットフォーム)がまだ採用される前のモデルで、マイナーチェンジ後についても同様です。 それでも、十分なボディ剛性を誇っているので…

アストンマーティンヴァルキリーの画像が公開

コンセプトモデルの頃と比べてデザインこそ変わらないものの、よりシンプルになった気がします。 公開された内装はものすごくシンプルで、思っていたのとちょっと違いました。 詳細なスペックはまだ公表されていないようですが、パワーウエイトレシオは1にな…

マクラーレン実物大の『レゴで作られた720S』

ちょっと前にグッドウッドのイベントで公開された実物大のレゴで作られた720s。 約28万ピースを使用して製作されたという作品は、かなりのクオリティ。 6人のビルダーが2,000時間以上かけて組み立てているという壮大なスケール。 ちなみに、実際の720sを製…

ランボルギーニかフェラーリかマクラーレンが欲しい

中途半端な車を買うよりバカでもこういった車を目指したい。普通の車でも高くなりすぎた世の中だからこそそう思う。 車は欲しいが、あまり乗りたいと思う車がない。 と言うより、価格と性能が合致する車が見当たらない。 日本の経済状況が世界のそれとは異な…

結局見に行けなかったマセラティ ギブリ スカテナート

ダイレクトメールが届いていたのですが、都合が付かずに、見に行けず仕舞い。ピレリPゼロのカラーエディションを世界で初めて装着したモデル。やっぱりタイヤが綺麗だと車自体も引き締まって見えるので、これから普及してくれることに期待します。

LEXUS LC500hに試乗

実車は写真よりもとてもエレガントでグラマラスといった表現でよいのでしょうか。 恐らくはSC430からコンセプトを受け継いでいるのではないかと思われる箇所もありますが、今まで見てきた日本車の中では、ダントツに高級感とスポーティーのバランスが取れた…

見栄を張ることについて

僕は見栄を張ることに否定的でも肯定的でもないのですが、自分自身ではたまにここで見栄を張ろうと思う事があります。 見栄を張るという事は、自分をより大きく見せるという事なのかもしれませんが、僕は、高級ブランドに憧れというのが少なからずあります。…

ランボルギーニアヴェンタドールSV 最後の1台の塗装はオプションで720万円

ランボルギーニアヴェンタドールSV 最後の1台となる600台目の車両は、『リキッドシルバー』というポルシェ918スパイダーの純正色で塗装され、その価格はなんと日本円で約720万円というから驚きです。 通常カーボンにクリアー塗装の部分もリキッドシルバーで…

オープンカーを購入するとしたら

なんとなくですが、一度くらいオープンカーを所有したいと思っています。 特に新車、中古車というこだわりはないのですが、遊びの車なので、高額なものを購入するつもりはありません。 国産車、外車というこだわりもそれほどないのですが、購入するなら、思…

ポルシェ、50%を電気自動車に CEOが「2023年までに生産台数の半分をEVに」と発言

ポルシェのオリバー・ブルームCEOが「2023年までに、年間生産台数の50%を電気自動車にする。」という意向を表明したとのこと。 2種類のEV(ミッションEとマカン)を、ドイツのツッフェンハウゼン工場で年間6万台製造する計画とのこと。 しかし、この目標値を…

目標金額はウラカンの本体価格

随分とざっくりしたタイトルですが、ウラカンを購入することにしたわけではありません。しかも、ウラカンと言ってもモデルによって本体価格が随分違ってきます。要は、とりあえずどれくらいまで車の購入資金を貯めれば良いかなと言う事です。とりあえずの目…