読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランボルギーニアヴェンタドールのテスト車両のスパイフォトをもとに描かれたCG

LamboCARSのサイトに予想イラストが掲載されています。 ボディーに入っている文字(アヴェンタドールSVの『SV』という文字が描かれる場所)はGTと表記されていますが、アヴェンタドールGTと決まっているわけではないと思われます。 なお、この後に登場するア…

シボレーコルベットのアクティブエアロ特許取得?

車高による空気抵抗の変化によって車体をコントロールする仕組みの様です。特許の資料としての対象車としてコルベットが記載されているようですが、ゼネラルモーターの車両全般に将来的に応用するかもしれないようです。GMによると、アクティブエアーは、「…

車を2台所有するとしたら どれくらい費用が増えるのかについて

車種が決まっているわけではないので、おおよその費用についてまとめてみたいと考えます。排気量は2.0リッター、燃料については、今乗っている車も乗り続けることから、月額5,000円増加として考えます。自動車税 排気量2.0リッター 39,500円/年自動車保険(…

HONDAモンキー 50周年記念モデルを発売も生産を終了

ホンダはモンキーの生産を8月末をもって終了するとアナウンスしました。 50周年を迎えたのに、残念です。排ガス規制に対応するのが難しいという事が理由のようですが、50ccエンジンでも規制に対応するのが難しい時代になっているようです。 この流れだと…

読書の時間

毎月購入している雑誌ですが、特別価格が終了して、通常価格に戻っています。今回は4月から始まるカレンダーが付録になっていました。このカレンダーなのですが、曜日の始まりが月曜日からの表記になっているもの。これはおそらくヨーロッパ車を中心に掲載し…

ガラスコーティング

市販のケミカルを使用してのコーティングを施工しようと思っているのですが、試供品で頂いたケミカルをまだ試していなかったので、そちらを使用してみようと考えています。右側のケミカルは以前サンプルを頂いたものと同様のもので、サンプルを試した時に良…

ポルシェケイマンくらいの大きさ

仕事中、ポルシェケイマンとすれ違った際に、ちょっと思った。『これくらいの車の大きさがちょうどいいな』多分、このクラスの車が僕の生活レベルから見て(車好きというのを考慮して)、許される範囲なのかなという思いもあるので、そう思ったのかもしれな…

シボレーコルベット ZR-1プロトタイプ ラグナセカサーキットを走行

なかなかモーターショーに登場しないC7コルベットZR-1ですが、ラグナセカレースウェイでテストを行っている様子が捉えられています。ZR-1のパワーユニットは6.2リッターV8エンジンで650馬力を発生させるとされています。ZR-1の発表時期は、今年の年末と予想…

フェラーリ GTC4ルッソT フェラーリ・ジャパンでも取り扱い開始の正式アナウンス

フェラーリ・ジャパンは『GTC4ルッソT』を発表しました。価格は2970万円となっているようです。日本では中古車市場であまり人気がない4シーターのフェラーリですが、V12エンジン搭載の『GTC4ルッソ』とくらべて新車販売台数がどのような割合となるのか木に…

レクサスLC500・500hの発売開始

発売が開始となりレクサスのホームページで、正式に情報が解禁されました。価格についてはLC500が1,300万円、LC500hが50万円高い1,350万円となっています。販売価格は当初予想していた価格と同じでした。といっても、僕が予想していたというわけではなく、だ…

新型フリードにテレビキット装着

先日納車になったフリードには純正ナビをオプションで取り付けたので、走行中に映像ソフトを視聴することができません。運転している人が観なくても、同乗者が観るという機会が多いので、道路交通法の範囲内で使用するということを前提に走行中でも映像が映…

スズキスイフトRStに試乗

前々から試乗をしたいと思っていた新型スイフトに試乗しました。 1.0リッターながら、ターボ搭載で、なおかつ車重が軽いので、軽快な走りをしてくれます。僕が試乗した車には、フロアマットくらいしかオプションが装備されていなく、ナビゲーションシステム…

レクサス UX コンセプト 市販化の可能性

昨年秋に発表されたレクサス『UXコンセプト』ですが、ジュネーブモーターショー2017において、レクサスインターナショナルの澤良宏上級副社長が量産をするとコメントをしています。『UXコンセプト』が発表された時点で、何らかのアクションはあるだろうなと…

気になる プジョーSUV3008

先日のジュネーブモーターショーでも展示された欧州カーオブザイヤーを獲得したプジョーSUV3008ですが、日本への導入も発表されています。※3月13日から販売開始となっています。個人的なデザインの感想は、正面からの見た目はプジョーらしくないのですが、サ…

RUFからイエローバード30周年記念モデルのCTR

ジュネーブモーターショーに登場した一風変わったポルシェ911。930の形をしたルーフの新型CTRで、30台のみ限定で生産されるとのこと。つまりポルシェ911ではないことになりますが、形は930型ポルシェ911.ルーフとポルシェについては今回は書きません。ルーフ…

ランボルギーニアヴェンタドールのハイスペックヴァージョン?謎のテスト車両が目撃

アヴェンタドールSが発表されてそれほど経過していませんが、ランボルギーニは何やら新しい車両のテストと思われることをしているようです。これがのちにどのようなモデルになるのかは、今のところ何もわかっていませんが、考えられるとすれば、アヴェンタド…

フェラーリ812スーパーファスト 2017年生産分は既にオーダーストップ

やはりというか、既に2017年生産分の812スーパーファストは生産する上限に達しているとのこと。一時期フェラーリは年間生産台数の上限を増やすとアナウンスしましたが、やはり希少性を維持するために、生産台数を絞るようですね。 およそ3,500万円ほどになる…

住宅展示場へ

当初は、車の試乗にと思っていたのですが、当初予定していたディーラーの営業時間が10時からだったため、予定を変更。試乗はまた別の機会にすることにして、住宅展示場へ行くことにしました。 最近、ちょっとクイーンアン様式の輸入住宅に興味があり、輸入住…

Azzurre Motoringのランボルギーニアヴェンタドール

某雑誌の表紙に乗っていたデモカー。 ちょっと格好良かったので、記事をエントリーしてみました。 カスタム系モーターショーにも出展している車両なので、見たことがある方も多いかと思われますが、格好良いです。 ここ何年かのモーターショーに登場している…

もしもスーパーカーを新車で買うなら

もしも、新車でスーパーカーをかうというよりも、新車でも買えるんじゃないかなというスーパーカー。許されるならば新車で買えるのではないかという車種を考えてみたいと思います。 おおよその価格帯は2,000万円から3000万円の間になると思われます。この中…

大人の遊び

大人の遊びといっても変な遊びではありません。 また砂利をトラックで1台分購入したので、それを庭に敷かなければならないのです。これこそ1万円で1日を謳歌できる大人の遊びです。 という冗談はさておき、駐車場確保のためにDIYで土地を整備しているのです…

ALPINE A110公開 スペックも明らかに

こちらもジュネーブモーターショーで公開されたA110。とにかく軽量にして、運動性能を高めるような車両を目指したようです。1.8リッター4気筒ターボエンジンのミッドシップスポーツカー。コンパクトな車体は、アルミニウム製のプラットフォームとボディを接…

インナーガレージがある家を建てたい Queen Ann Style

家を建てたばかりなのですが、クイーンアン様式の家を建てたいななんて思っています。もちろん、今住んでいる家に不満はないので、実際には建てる予定はありませんが、クイーンアン様式でインナーガレージのある家を建てられたらなんて、輸入住宅のウェブサ…

ベントレーEXP12スピード6eコンセプトを発表

ベントレーはEXP12スピード6eコンセプトを発表。これは、『EXP10スピード6』のオープン版という位置づけ。EXP12スピード6eコンセプトは単なるEXP10スピード6オープン仕様というわけではなく、“e”という文字が示すように、EVとなっています。 あくまでもコン…

HONDA フリード納車

昨年末に注文をしていたフリードが納車されました。この車は、通常僕が乗るものではないのですが、購入にあたり半額を支払っています。 これで、一応新車の確保ができたので、僕が次に乗り換える車については、中古でも安心して購入できます。また、フリード…

マクラーレン720S発表 先進的なメーターパネルも採用

マクラーレン720Sがジュネーブモーターショーに登場。マクラーレンのスーパーシリーズである650Sの後継車両として今後ラインナップに加わります。もちろんプロアクティブシャシーが採用されています。 V8エンジンは650Sの3.8リッターから4.0リッターへ拡大さ…

アストンマーティンとレッドブルの共同開発車AM-RB001の正式名称が発表

正式名称はValkyrie(ヴァルキリー)になるということが発表されましたが、北欧神話のワルキューレから来ているものと思われます。 名称もそうですが、スペックがやはり気になるところ。ちなみに、150台が生産される公道仕様は既に完売していると伝えられて…

フェラーリ812スーパーファスト公開

ジュネーブモーターショーで正式に公開された812スーパーファスト。基本的にはF12のデザインや性能を引継ぐ形のフェラーリ次期型フラッグシップ。これがフェラーリ最後の自然吸気V12エンジン搭載車両になるのではないかと噂されていますね。 個人的な好みで…

ランボルギーニウラカンペルフォルマンテ公開

ランボルギーニはウラカンの高性能ヴァージョン『ペルフォルマンテ』を公開しました。日本での販売価格についてははっきりした情報がまだ発表されていません。今回はスーパーレッジェーラという名称がつかわれていませんが、フルモデルチェンジの間際にでも…

Vorsteinerから新たなアウディR8用ボディキット発表

フロントとリアのエアロパーツがなかなかの迫力を演出していますね。また、この画像では、ナンバープレートも付いていませんので、フロントグリルが強調されて、さらに迫力のあるフロントフェイスとなっているのがわかります。エアロパーツは純正の位置へ取…

ある一人の男のガレージライフ

特に変わった車ではない、旧型のポルシェススパイダーが収められた比較的簡素なガレージ。日本ではこのような小型のガレージは良くありますが、外国で、しかも古い車を大事にしている方のガレージはもっと特別感があると思うのは僕の偏見なのでしょうか。 そ…

駐車場予定地への敷砂利

現在、自宅の正面に車を停めているのですが、ゆくゆくは自宅と並べてガレージを建てようと思っています。とは言っても、ガレージを建てるのはまだ先なので、自宅横は荒れ放題になってしまいます。それを防ぐべく、防草シートを張り、砂利を敷くわけですが、…

マクラーレン720は折畳式のメーターを採用

ちょっと変わったメーターを採用するという情報が伝えられている、マクラーレン720Sですが、その動画が公開されています。 なかなか凝ったデザインで、マクラーレンはさらにスーパーカーらしい車へと進化しているようです。

必要なものと欲しい物の違い ミニマリスト的思考について

僕の家は、どちらかというと物であふれかえっています。以前、おもちゃを集めていて、それが収納スペースを圧迫していたり、着ないけど、とりあえず買ってみた服がクローゼットを占領していたり、楽器類が部屋に鎮座していたり。これは、必要という理由より…

ランボルギーニウラカンペルフォルマンテのニュル北コースタイムアタック動画

6分52秒01という驚異的なタイムをマークしたタイムアタックの動画が公開されました。 このアタックのドライバーは、アヴェンタドールSVのタイムアタックの時と同じ、『マルコ・マペリ』。 ペルフォルマンテの正式発表までまだ少し時間がありますが、V12モデ…

多分本物 マクラーレン720Sの写真がリークされる

何らかの手違いで、正式発表前に画像が流出したとの噂です。 リークされたのはこの1枚のみのようですが、正式発表が待ち遠しいですね。

フェラーリのパテント画像をもとにMC12の後継車が登場したら

ちょっと前に話題となった、フェラーリがパテントを取得したデザインですが、ラフェラーリのメガカーでも作るのではないかと噂されたり、話題に事欠きませんね。このデザインですが、『ラフェラーリTenso』に似たデザインとなっています。これをもとに、マセ…

LC Fのデビューは東京モーターショーか

LC500やLC500hの上位モデルとして『F』シリーズが設定されるのではないかと思われますが、もし実現すればデビューは今年の東京モーターショーになるのではないかと思われます。予想ではV8エンジンで600馬力を発生されるとされていますが、どうせならばV8エ…

フェラーリのメーター巻き戻し

限定モデルであるラフェラーリ(中古)のメーターを正規ディーラーで巻き戻して販売していたことが内部告発により発覚しました。といっても、日本のディーラーの話ではなくアメリカのフロリダ州での話ですが。巻き戻しによって約1億円を車両価格に上乗せして…

セカンドカーに乗れるだけの時間?

もの凄くスーパーカーが欲しいのですが、すぐに買えるわけではありません。セカンドカーではないのですが、僕は現在、車の他に大型バイクを1台所有しています。そのバイクの昨年の稼動回数は1回か2回というもの。実際には眺めたり洗ったりしているのです…

スバルインプレッサスポーツ試乗

1.6リッターと2.0リッターのどちらを試乗するか悩んだのですが、今回は、一度ディーラーの方の話を伺ってから装備内容等を加味して2.0リッターモデルに試乗しました。 両方の試乗をしてみますかともいわれたのですが、営業の方の労力もあるので、1台に絞りま…

落としどころ

ふと、ネットで中古車情報を見ていて思ったのですが、中古車情報として出回っているムルシエラゴの多くは10年落ちの車両。それでも2,500万円を超えている車両がほとんど。このあたりは、その時々によって違ってきますが、問題なのは、10年落ちのスーパーカー…

カーケア用品『Zero』シリーズの試供品を頂く

カー用品店のメルマガにより、今回も試供品を頂いてきました。試供品につられていったら、ウインターシーズン用品が若干値下げされていたので、必要なものを購入。 さて、今回頂いた『Zero』シリーズは、以前から気になっていたのですが、試す機会がなかった…

FordGTにコンペティションシリーズパッケージが設定

早くも新たなモデルの設定がされるようですね。 エンジン性能等は変わっておらず、装備の変更により、軽量化されているようです。 後方のガラスの厚さが変更され、オプションとして設定してあるカーボンホイールやチタンマフラーなどが標準装備となっていま…

アルピーヌA120プロトタイプが夜のパリを走る

公式発表前のテスト走行と思われる姿が目撃されています。名称がA120となるのかどうかはわかりませんが、おそらくデビューはジュネーブモーターショーで公開されることでしょう。事前予約も開始されているとのことですが、日本に入ってくるのか、入ってくる…

新車納入にあたり駐車スペースをどうするのか

さすがに、今までどおり青空駐車というのももったいない気がします。ちなみに、僕の普段使いのBBは引き続き青空駐車で頑張るつもりです。ここで問題となるのが、どこまでお金を掛けて屋根をかけるかということ。悩んでいるガレージを建ててしまうというのも…

アストンマーティンがレッドブルレーシングエディションとしてV8とV12モデルを生産

Vantage S V8/V12のレッドブルレーシングエディションを生産すると言う事です。生産台数や価格など、具体的な数字は発表されていません。おそらくこれもプレミア価格が付くのではないかと予想されますね。 外装色は2色準備されているようです。

気になる軽自動車たち

僕は軽自動車を自分で所有したことはありませんが、仕事などでは乗る機会が結構あります。軽自動車を購入しない理由は、安全面が気になると言う事と、やはり現在の自動車事情の中ではパワーが足りないと考えているから。安全面については、軽自動車の規格が…

フェラーリFXXの公道走行可能車両が販売中?

FXXはサーキット専用車両なのですが、これを公道走行可能とした車両が販売されているとのことです。一時、価格が14億円ほどと表示されていましたが、現在価格表示は無いようです。公道走行可能車両への仕様変更はどうやらフェラーリが行っているようで、証明…

ハーレーダビッドソンジャパン ツーリングファミリーのニューモデルを販売開始

ツーリングファミリーのロードキングスペシャルの販売を開始したと発表がありましたが、サスペンションが新構造になっているようです。僕が所有しているハーレーは水冷エンジン搭載モデルなのですが、ハーレーといえばやっぱり空冷。そしてこのロードキング…